Twitterドリームを叶えYoung Thugの新作にビートが使用されたプロデューサー

Young Thugが6月にリリースしたニューアルバム『Beautiful Thugger Girls』。ボーカルアルバムというコンセプトの元、Drakeがエグゼクティブプロデューサーとして参加した話題作だ。

そのアルバムに参加していたプロデューサーJUDGEをご存知だろうか?

JUDGEはアルバムのラストを飾る高揚感あふれる1曲"Take Care"を手がけたプロデューサーだ。

ほとんどの人が初めて名前を聞いたかもしれない。彼はこのアルバムで夢をつかんだからだ。Pigeons & Planesの取材によれば、彼がYoung Thugのアルバムに参加するきっかけはTwitterだという。

18歳からプロデューサーとしての活動をスタートさせたJUDGE。新人プロデューサーの定型としてSoundCloudでビートを公開し、ローカルのアーティストに売り始めたJUDGEはLil AaronやBONESにもビートを提供するようになり、徐々に台頭していったが、まだメインストリームのアーティストへのビート提供はしてこなかった。

そのチャンスが巡ってきたのがあるTwitterのフォロワーの存在だ。Young ThugやFetty Wapなどが所属する300 EntertainmentのA&R、Geoff Ogunlesiがフォローしてきたのだ。

そしてGeoffはJUDGEのビートを気に入ったということで、ビートを送るようにオファーしてきたのだ。そして担当していたアーティストのYoung ThugにJUDGEのビートを使用してもらいたいと話してきた。

しかし中々ビートがYoung Thugに使用されることはなく、75~100曲分くらいのビートをGeoffに送ったとJUDGEは明かしている。

今年5月にGeoffはビートをキープしてほしいとJUDGEに電話してきたが、これもよくあることだったので、特に気も留めなかった彼はある日Young ThugのInstagramを見て、びっくりすることになる。

なんとThugがJUDGEのビートを使用した楽曲をストーリーでプレイしていたのだ。上の動画でのJUDGEの喜びをご覧いただきたい。実際にアルバムがリリースされるまで彼が"Take Care"を聴いたのはこれが最後だった。

JUDGEが最後にアルバムに収録されると気づいたのは、SoundCloudにアップされていた"Take Care"のビートが、権利侵害で削除されていた時だと話している。

プロデューサーやラッパーはどんなフォロワーがいるかチェックしておいた方が良さそうだ。

RELATED

Geniusがスラング「Slatt」の起源を紹介する動画を公開

「Drip」、「No Cap」の様にヒップホップシーンで頻繁に使われるスラング。最近になり現れた「Slatt」というスラングに関して、その起源を紹介する動画がGeniusより公開された。

Young Thugが問題となったGucciのブラックフェイスセーターを着ている動画を公開

Gucciから発売された、顔の下半分を覆うマスクのついた黒のセーターが黒人を差別する表現「ブラックフェイス」に酷似しているとして議論の対象になったことは記憶に新しい。Lil Pumpが「Gucciはもう買わないが“Gucci Gang”は歌い続ける」と宣言し、またT.I.とフロイド・メイウェザーのビーフが再燃するきっかけになるなどヒップホップシーンにも様々な騒動を巻き起こしたあのセーターを、Young Thugが着ていることが話題となっている。

GunnaのマネージャーがCamila Cabelloを知らなかったため“Havana”に参加できなかったことが明らかに

元Fifth HarmonyのCamila Cabelloが昨年リリースしたシングル“Havana”はシングルチャート1位を獲得したことをはじめ、数々の賞を受賞するなど2017年を代表する楽曲の1つだ。この曲にはフィーチャリングでYoung Thugが参加しているが、当初はGunnaが参加する予定だったことが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。