Lil YachtyがDrakeの好きなアルバムランキング作りに苦戦する

Lil YachtyがMontrealityの動画インタビューコーナーに登場し、好きなラッパーについてなどを話している。

Yachtyは以前のインタビューでも答えていたように、Kendrick Lamarに対し敬意の念を表している。「Kendricikには才能があるし、彼はヒップホップのすべての時代を理解している」と讃えている。さらに「Kendrickは僕のことを理解してくれたよ、そんなこと考えたこともなかった」とスタイルの違うYachtyのことを理解するKendrickの心の大きさに感銘を受けた様子だ。

その後YachtyはDrakeの歴代のアルバムで好きなアルバムをランク付けしてほしいという質問に対し、ベストは『Take Care』と素早く答えたものの、その後のランク付けに大苦戦。『Views』、『So Far Gone 』や『Thank Me Later』をどっちに上にするかで悩み続けている。ちなみに今年の最新作『More Life』は全く名前を出しておらず、あまり興味がなかったのかもしれない。

RELATED

Lil Yachtyが「City Girlsの“Act Up”のリリックを書いたのは俺だ」と明かす

ラップのリリックを他のラッパーに書いてもらうことは、賛否両論あるもののそう珍しいことではない。今回、Lil YachtyがCity Girlsのヒット曲“Act Up”の歌詞を「俺が書いた」と主張していることが話題となっている。

Lil YachtyがBhad Bhabieの誕生日に5万3000ドルのチェーンをプレゼントする

独特のキャラクターとその若さで注目を集めたフィメールラッパーBhad Bhabie。その16歳の誕生日に、Lil Yachtyが驚くべきプレゼントを贈った。

Lil Yachtyが日本で約12年ぶりに湯船につかる

今週の木曜日3/7に東京・渋谷のWWW Xで初来日公演を行ったLil Yachty。マスクをしたままライヴパフォーマンスをスタートするなどユニークなキャラクターで知られる彼が、日本滞在中にこんなツイートを行っていた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。