神戸アートビレッジセンターで映像作家・松本俊夫の追悼上映が開催

兵庫の神戸アートビレッジセンターで『追悼 映像作家・松本俊夫特集上映』が開催される。

松本俊夫は、映像作家としての原点である前衛的なドキュメンタリー映画を撮る一方で、長編劇映画と並行 して実験映画を制作し、日本の代表的な実験映画作家の一人だ。

この特集上映では2017年4月に逝去した松本の作品を特集上映し、劇映画、実験映画、ビデオ・アートなど、領域を横断する活動を振り 返るとともに、その魅力を後世に広く伝えることを目的にしている。

松本俊夫
ⒸToshio Matsumoto
松本俊夫
ⒸToshio Matsumoto

上映されるのは松本俊夫監督の劇場用長編第 1 作であり、ピーター(池畑慎之介)のデビュー作でもある『薔薇の葬列』、「実写映画化は不可能」と言われた日本文学史に残る奇書『ドグラ・マグラ』(1935 年刊行 ) を斬新な映像美 で見事、映画化した大傑作『ドグラ・マグラ』の劇映画2作品に加えて、実験映画10作品。

bara1969_1
『薔薇の葬列』(c) 1969 Matsumoto Production
『薔薇の葬列』1969_2
『薔薇の葬列』(c) 1969 Matsumoto Production
どぐら
『ドグラ・マグラ』 Ⓒ1988 KATSUJIN DO CINEMA

上映期間中には、川村健一郎(立命館大学教授)をお招きしてのトークショーも開催予定だ。

Info

「追悼 映像作家・松本俊夫特集上映」

上映期間:2017 年8月3日(木)~5日(土)(3日間)

上映作品:

◎劇映画「薔薇の葬列」(1969/35mm フィルム)、「ドグラ・マグラ」(1988/35mm フィルム) ◎実験映画「銀輪」(1955)、「西陣」(1961)、「つぶれかかった右眼のために」(1968)、「メタスタシス= 新陳代謝」(1971)、「モナ・リザ」(1973)、「色即是空」(1975)、「アートマン」(1975)、「エニグマ=謎」

(1978)、「シフト=断層」(1982)、「エングラム=記憶痕跡」(1987)

関連企画:トークショー「松本俊夫:「映像」の変革」
ゲスト:川村健一郎氏(立命館大学教授))
デビュー作『銀輪』(1956年)から第一評論集『映像の発見』(1963年)の刊行までを中心に、制作と理論の関わりに注目しながら、松本俊夫の映像実践を概説する。

入場料:一般 1300 円 学生・シニア・かぶっクラブ 1100 円 ※特集上映を観た人はトーク無料。 トークのみ参加の場合は 500 円

https://www.kavc.or.jp

作品紹介ページ(https://www.kavc.or.jp/cinema/942/

related

ジャン=リュック・ゴダール監督の追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催 | 『勝手にしやがれ』と『気狂いピエロ』を上映

ヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督で今月91歳で亡くなったジャン=リュック・ゴダールの追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催される。

『国道20号線 デジタルリマスター版』や空族が影響を受けたロードサイド映画3作も特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル』が開催

空族の富田克也監督による映画『国道20号線 デジタルリマスター版』や、空族が影響を受けたロードサイド映画3作品を特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル<選べ、失え、行け!2022>』が10/15(土)から新宿K’s cinemaで開催される。

NYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が公開

90年代のNYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が、10/21(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで公開される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。