Z-Roが2Pacの自伝映画『オール・アイズ・オン・ミー』は「主役は50 Centの方が現実味があった」と発言

今月16日、注目を向けられていた2Pacの自伝映画『オール・アイズ・オン・ミー』が公開された。大ヒットスタートとなった同作だが、テキサスのベテランラッパーZ-Roは配役に不満があるようだ。

Z-RoがDJ Smallzのインタビュー番組に登場。そこで、Z-Roは自伝映画で2Pacの配役は「50 Centにやらせた方が現実味があった」と語った。

インタビューの中でZ-Roは、誰も2Pacを完璧に演じられないとした上で「50 Centなら2Pacのラップ、動き、それが俺にとって現実味があっただろう」と説明した。

さらに、Z-Roは自伝映画で2Pac役を演じた新人俳優Demetrius Shipp Jr.の演技に関しては「上手く2Pacの態度、動きを真似ていた」と評価したが、2Pacを演じるにはパーソナリティーが足りなかったという。映画に関して十分に楽しめた様子ではあったが「映画の中に誤りが沢山あったけど、ストーリーは楽しめたよ」と語った。

Z-Roは続けて、「映画に映し出された出来事は俺も知っている本当のことだ。」と語り「Shippの体の動かし方は"Hit Em Up"の動きとパンツも一緒だ。声も2Pacに似せていたけど、直接話した時に、みんなは彼が2Pacじゃないと気づくだろう。だけど、伝記映画としては全体的に満足している」と総括した。自伝映画について批判が多い意見が、Z-Roは肯定的な見方をしているようだ。

一方の50 Centは今月16日、自身のInstagramに『All Eyez on Me』の感想を投稿している。その投稿のなかで50Centは「2Pacの映画を見たけど、あれは駄作だ。」と『Straight out of Compton』を引き合いに出し批判し、「金を返せ」とも悪態を吐いている。

2Pacという難しい役柄に50 Centが採用されても、賛否両論が生まれる気もする。

Z-Roの『All Eyez on Me』についてのインタビューは下記のYoutubeから視聴できる。(野口耕一)

related

Ice-Tが「50 CentとBobby Shmurdaが最後のギャングスタラッパーだ」と主張

西海岸のレジェンドであり、ギャングスタラップのパイオニアの一人であるIce-T。そんな彼が、新たに公開されたインタビューの中で行った発言が話題を呼んでいる。

2Pacについての発言でバッシングを受けた民主党のハリス副大統領候補を彼の遺族が擁護

アメリカでは先日、大統領選に向けた副大統領候補同士の討論会が行われた。トランプ陣営のマイク・ペンスとバイデン陣営のカマラ・ハリスとの討論は大きな注目を集めたが、同時にハリス副大統領候補がとある発言をきっかけに、また別の話題を呼んでいた。

民主党のハリス副大統領候補が「2Pacは生きている中でお気に入りのラッパー」と発言したことについてトランプ陣営が揚げ足を取る

11月3日の大統領選挙が迫るアメリカ。先日はトランプ現大統領とバイデン候補との討論会が「史上最悪の候補者討論会」として世界中で物議を醸したが、本日はマイク・ペンス現副大統領と民主党のカマラ・ハリス副大統領候補との討論会が行われる。そんな中、トランプ陣営とハリス副大統領候補との間に何故か2Pacの話題が浮上しているようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。