2Pacの伝記映画『オール・アイズ・オン・ミー』が全米初登場第1位スタート

日本での公開が今冬に決定した映画『オール・アイズ・オン・ミー』が、2Pacの生誕日にあたる6/16に全米公開がスタートし、好調なスタートを切った。

同日に公開した『カーズ』シリーズ第3弾『CARS 3』の興行収入3.1億円を超える3.4億円を記録し、全米ナンバー1の大ヒットスタートとなっている。

さらに、週末の興行成績も好調で、興行収入約30億円を突破し、第3位にチャートイン。第3位とはいえ、第1位の『Cars 3』や『ワンダーウーマン』の全米4,000館以上の大規模公開に対し、本作は2,000館強と約半数の規模で大健闘だ。

今なお影響力を持つ音楽界のレジェンドを描いた映画というだけあり、日本での大ヒットも記憶に新しい映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』(‘15)を凌ぐほどの盛り上がりをみせ、日本でも今冬の公開を待ちきれない声が相次いでSNSを中心に寄せられている。

 

RELATED

GEZAN初のドキュメンタリー映画『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』の予告編が公開

2009年の結成以来精力的な活動を続け、野外フェス『全感覚祭』やレーベル『十三月』を主催し、現在の日本のアンダーグラウンドシーンを牽引するロックバンドGEZAN。そんな彼らのアメリカツアー、アルバムのレコーディングを追ったドキュメンタリー『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』の予告編が公開となった。

ヴィム・ヴェンダースの名作『ベルリン・天使の詩』がBunkamura ル・シネマで2週間限定上映

東京・渋谷のBunkamura ル・シネマで5/3(金・祝)からの2週間限定でドイツの名匠ヴィム・ヴェンダース監督不朽の名作『ベルリン・天使の詩』の上映が決定した。

ジャズ・レーベルの代名詞的存在のブルーノート・レコードを描いたドキュメンタリー映画の日本公開が決定

今年レーベル創立80周年を迎えたジャズ・レーベル、ブルーノート・レコードは、マイルス・デイヴィスからノラ・ジョーンズまで時代を代表する多くの名盤を発表し長きにわたりジャズの世界をリードし続けてきた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。