超強力な『IKEA』ロゴ入りドラッグが登場。使用すると死に至る可能性があると警察が注意喚起

ここ最近、IKEA関連のニュースが尽きない。今回のニュースはトレンドに便乗し、IKEAロゴの入ったエクスタシーピルについてである。

現在イギリスで出回っているとても強力なMDMA錠剤が話題に。なんとこのドラッグ、IKEAのロゴが入った黄色と青色柄の錠剤である。すでにこのIKEAドラッグを摂取して病院に運ばれるケースが相次いでいるとのこと。

今回この錠剤が表沙汰になったきっかけは、イギリスのジャージー島で18歳の少年がこのIKEAピルを摂取して亡くなった事件。英ジャージー島の警察は「この錠剤を摂取して体調に異変を感じた場合、即時に医師の診察を受けるように」と警戒宣言を出している。

IKEAのエコバッグから始まり、ブランドとのコラボや、ドラッグを摂取してIKEAの家具を組み立てる番組など、IKEA関連の面白い出来事が立て続けに起こっているが、このような不幸なニュースはこれ以上起こらないことを願う。(小林一真)

RELATED

【コラム】なぜ日本では「容疑者」の作品は自主回収されてしまうのか

ことヒップホップやクラブミュージックはドラッグの描写と切っても切り離せないカルチャーであり、薬物の所持、使用で逮捕されるアーティストは数え切れないほど存在する。

予約注文でAmazonトップ10入りしたVirgil Ablohの講義録の翻訳本

ファッション・レーベルOff-Whiteを率い、ルイ・ヴィトンのメンズ・アーティスティック・ディレクターを務めるヴァージル・アブローが、ハーバード大学デザイン大学院で行った特別講義の記録本が来月出版される。

A$AP Rockyが「クリエイティビティのためにドラッグに頼るアーティストは才能が無い」と語る

ヒップホップとドラッグは切っても切り離せない関係にある。2017年のLil Peepや昨年のMac Millerの死をきっかけに改めてドラッグを見直す動きが生まれたことは確かだが、依然としてリーンやオピオイドといったドラッグはシーンに蔓延している。そんな中、A$AP Rockyがドラッグの使用をやめて素面のままでいることを試しているという。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。