50 Centが2Pacの伝記映画『オール・アイズ・オン・ミー』にiPhoneが映っていたと明かす

日本では今冬の全国公開が決まった2Pacの伝記映画『オール・アイズ・オン・ミー』。6/16の2Pacの誕生日にアメリカでは公開されており、すでに鑑賞したラッパーたちからも多くのリアクションが届いている。

ラッパーたちの中でも強烈なコメントを残しているのが50 Centだ。

Man I watched the 2 PAC film, that was some bullshit. Catch that shit on a fire stick ?trust me. LOL SMH TRASH

50 Centさん(@50cent)がシェアした投稿 -

50 Centは公開されるやいなや映画を見たところ、「あれはクソな映画だ」とInstagram上で批判した。

怒りが収まらないのか、さらにInstagramを更新した50 Cent。「2Pacの映画を見たら、嫌いだって言いたくなるのはわかるよ。でも映画で2PacとFaithが写真を撮るシーンがあるんだ。その時にiPhoneが映っているんだ」と暴露。
1996年に2Pacは亡くなっているので、もちろんiPhoneは時代設定にそぐわないが、そんな単純なミスがありえるだろうか?もしくは50 Centが見間違えたのか。日本での公開が待たれる。

related

ジャン=リュック・ゴダール監督の追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催 | 『勝手にしやがれ』と『気狂いピエロ』を上映

ヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督で今月91歳で亡くなったジャン=リュック・ゴダールの追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催される。

『国道20号線 デジタルリマスター版』や空族が影響を受けたロードサイド映画3作も特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル』が開催

空族の富田克也監督による映画『国道20号線 デジタルリマスター版』や、空族が影響を受けたロードサイド映画3作品を特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル<選べ、失え、行け!2022>』が10/15(土)から新宿K’s cinemaで開催される。

NYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が公開

90年代のNYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が、10/21(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで公開される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。