元人気ラッパーが配車サービスのドライバーをしていたとSNSで噂が広まるも本人は否定

とある一般人がラッパーのRoscoe Dashがアプリ『Lyft』を使って運転手のバイトをしているとツイッターで暴露した。

アメリカで普及している『Lyft』という配車サービス。車での移動を求めている人がタクシー代わりに近場にいる運転できる一般人を探し、車に乗せてもらう代わりに報酬を支払うというアプリである。

先日『Lyft』利用者のとあるツイッターユーザーが、迎えに来ると言った運転手が急にキャンセルしたせいで迷惑をくらったと不満のツイートをした。そのキャンセルした運転手がラッパーのRoscoe Dashであると彼は言う。

『行かなきゃいけないところがあったのに、ニガーのRoscoe Dashが『Lyft』で頼んだ運転をキャンセルした。とんだ迷惑をくらったからお前が『Lyft』の運転手であることを晒すよ」とツイート。彼のツイートには、Jefferyというユーザー名、プロフィール画像と、あと4分で迎えに行くと表示されている『Lyft』のアプリ画面のスクリーンショットを一緒に投稿。そしてその画像と共にRoscoe Dashの本名がJeffery Leeであると書かれた画面のスクリーンショットもツイートに載せている。

プロフィール画像がRoscoe Dashに似ているので本人である可能性はあるが、Jefferyという名前が一致しただけでは確証にならない。もし本当にRoscoe Dash本人であるとすれば、彼がラッパーの兼業として地味な配車サービスを行っていることや、その彼の『Lyft』のアカウントが☆4.9と高評価なのも面白い話である。

しかしその後Roscoe自身がTtwiiterで自分はLyftのドライバーはやっていないと否定するコメントを発表した。

(小林一真)

related

LyftのCEOが100万ドルをアメリカ自由人権協会(ACLU)に寄付すると発表 | Madeintyoも代表曲を"Lyft Everywhere"に改題すると賛意

Uberのライバル会社Lyftがアメリカ自由人権協会(ACLU)に寄付することを発表。MadeinTYOも自身の代表曲"Uber Everywhere"を"Lyft Everywhere"に改題すると発表。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。