東京・中目黒のセレクトショップM.I.U.にOPERATIONS IVYのPOP UP SHOPがオープン

偏愛する「ひと、もの、こと」だけを扱う実験的なショップM.I.U.にて、ヴィンテージの再構築をさまざまな手法で試みる注目のレーベル「OPERATIONS IVY (オペレーションズ アイビー)」のPOP UP SHOPが、2017/6/9(金)~18(日)まで開催される。(Yuuki Yamane)

今回のPOP UP SHOP開催に合わせて、60年代より生まれたカレッジカルチャー「アイビー」を象徴するボタンダウンシャツやチノパンツなどといった、ヴィンテージを再構築したさまざまなアイテムもリリースされる。

shirt
REWORKED TAIL SHIRT  ¥26,000 + TAX

Reworked Detail

shirt

アイビーリーガーの象徴と言っても過言ではボタンダウンシャツ。そのカラーを外し、残ったボタン部分に同素材で作ったSTOCK TAGを配置。背中部分には新たに同色系の40/ブロード採用し、後ろ身頃の丈を10センチ長くしたロングテール仕様。元々のシャツの色との微妙な色のコントラストを楽しめる仕様になっている。

chinao
CHINO TROUSERS SIDE STRIPE ¥30,000

chino

chino

アイビーリーガー御用達のチノパンツを再構築。MADE IN USAのユーズドチノパンツ3234インチを使用し、ヒップ、渡りなどのゆったりとしたサイズ感を残しつつ、ウエスト部分、裾幅を削りテーパード。股下も71センチに統一した現代的なシルエットになっている。さらに、側章にはポリテープを熱圧着で配置している。

Tシャツ前
SOUVENIR TEE ¥5,000

Tシャツヘインズのレッドラベルを使用し、デザイナー自らステンシルの版を作成し一枚一枚プリントしたスーベニアTシャツ。

Denim
REWORKED DENIM VINTAGE SELVAGE  ¥36,000 + tax

denim

Denim

Levi’s 501セルビッチボディを使用し、裏・表を反転させたREWORKED DENIM。今シーズンは新たにLevi's 90’s レギュラーを使用したデニムも登場。今回から、裾の溜まりが出来ないよう、丈も短く設定され、裾口にはヴィンテージ同様のダメージ加工が施されている。

 

Sweat
REWORKED SWEAT SHIRT ¥22,000 + tax

Sweat

80年代の所謂トリコロールタグのチャンピオンREVERSE WEAVEを反転させ、つなぎ合わせたスウェットシャツ。

Operations Ivy

【お問い合わせ先】
M.I.U.(エム アイ ユー)
【ADD】〒153-0042
東京都目黒区青葉台3-18-10
03-5457-2166
http://www.miu-tokyo.com/

related

VOILLD × FACEのPOP UPがM.I.U. No2にて開催

中目黒を拠点に活動を続けるアートギャラリーVOILLDと、東京生まれのアーティスト/イラストレーターFACEが9/17(金)〜10/3(日)の間、M.I.U. Nº2にてPOP UP STOREを開催する。

soeがLAのデザインユニットPRE_とのコラボアイテムを発売

soeの2021 AWシーズンより、LAを拠点に活動するデザインユニットPRE_とのコラボレーションアイテムが8/21(土)から、soe online、及び全国のsoe取扱店舗にて販売開始となる。

下北沢のショップCakaがM.I.U.にて、流通量が極端に少ない「UK Label」に焦点を当てたPOP UPを開催中

中目黒のコンセプトショップ M.I.U.にて下北沢を拠点とする古着屋/セレクトショップCaka(カカ) のPOP UP『UK LABEL』を11月7日(土)〜11月23日(月)の間開催する。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。