Nikeがクリスチアーノ・ロナウドの広告からadidasのロゴを見事にトリミング

先日行われたチャンピオンズ・リーグ決勝で2ゴールをあげ、レアル・マドリッドの2連覇に貢献したクリスチアーノ・ロナウド。

スポンサーのNikeは試合後に子供の時のロナウドの写真を使った広告を作成したが、この写真には見事なトリミングスキルが使われていた。

この広告を掲載したツイートはすでに3万6000以上のRT、11万以上のお気に入りとなっていて、ロナウド人気を感じさせてくれるが、Twitter上ではこの写真についてある秘密が明かされている。

そうこれが広告に使用された元の写真なのだが、なんとロナウドはNikeのライバルadidasの服を着用しているのだ。それを自然に自身のロゴをかぶせ展開した、Nikeさすがである。

related

adidasとHYKEが3年ぶりのコラボレーションでUltraboostなどを発表

adidasがウィメンズブランドのHYKEと2016年シーズン以来となるコラボレーションを発表し、5/27(水)から日本先行販売する。

adidasとPalaceの最新コラボレーションはスケートアイコンLucas Puigの活動20周年を祝したモデル

スポーツパフォーマンスラインで成功を収めた一連のコラボレーションに続き、adidasとPalaceの最新コラボレーションは原点であるスケートボーディングに戻り、 スケートアイコンのLucas Puigとのコレクションを発表。

STÜSSYとNIKEのコラボによるAir Zoom Spiridon CagedからシックなBlackとCool Greyの新色が登場

STÜSSY & NIKEから、今春に発売されたAir Zoom Spiridon Caged 2のラインナップに続き、新たにブラックとクールグレイのシックな色合いに仕上げた1足をStüssy.jpにて発売される

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。