Nikeがクリスチアーノ・ロナウドの広告からadidasのロゴを見事にトリミング

先日行われたチャンピオンズ・リーグ決勝で2ゴールをあげ、レアル・マドリッドの2連覇に貢献したクリスチアーノ・ロナウド。

スポンサーのNikeは試合後に子供の時のロナウドの写真を使った広告を作成したが、この写真には見事なトリミングスキルが使われていた。

この広告を掲載したツイートはすでに3万6000以上のRT、11万以上のお気に入りとなっていて、ロナウド人気を感じさせてくれるが、Twitter上ではこの写真についてある秘密が明かされている。

そうこれが広告に使用された元の写真なのだが、なんとロナウドはNikeのライバルadidasの服を着用しているのだ。それを自然に自身のロゴをかぶせ展開した、Nikeさすがである。

related

StüssyとNikeのカプセルコレクションが発売 | Air Max 2013を再構築したフットウェアも登場

これまでも多くのコラボレーションを行なってきたStüssyとNikeが、2022年秋シーズンのカプセルコレクションをリリースする。

adidasのスポーツウェアとPRADAのクラフトマンシップが融合したサステナブルなコレクションが登場

PRADAのクラフトマンシップと、adidasのスポーツウェアにおける革新性を融合させたコレクション『adidas for Prada Re-Nylon』が発売となった。 当コレクションは、よりサステナブルな視点から再構築したラグジュアリースポーツウェア。両ブランドの アイコニックな...

NBAの75周年を祝したNIKEの最新作が登場|NIKE AIR FORCE 1 '07とNIKE BLAZER MIDがUNDEFEATED限定で発売

1946年、NBAの前身であるBAA(Basketball Association of America)が 11 チームで発足され、のちに 1949年にNBAへとなり迎えた2021〜22シーズンに、75年目のアニバーサリーを迎えるNBA。記念すべきこのシーズンをダイヤモンドアニバーサリーと称し、...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。