BlackEyePatchの2000年代のサウスなどにインスパイアされた2017 AWコレクション

東京を拠点とし、ストリートカルチャーに根ざした様々なカルチャーから影響を受けコレクションを展開するBlackEyePatchの2017 AWコレクションのLOOKBOOKが公開された。

今季のテーマは『STACKS (札束) 』。ヒップホップというカルチャーの、更にサブジャンルである南部(サウス)のスタイルと、東京の土着的なヤンキーカルチャーが結びついた独自な2000年代のヒップホップのスタイル。

Autumn/Winter 2017のBlackEyePatchでは、その当時のスタイルをモチーフとした、Back to 00’sなコレクションを展開する。

BIRDMAN率いるCASH MONEY RECORDSや、MASTER P率いるNO LIMIT RECORDSが登場したことにより、サウスのヒップホップは1990年代末から存在感を増していく。「女、車、ドラッグ、ジュエリー=金」といったイメージの元に、ジュエリーやグリルズ、スピナー(回転する車のホイール)を象徴的なアイテムとしてサウスのラッパーたちは着用していた。

BlackEyePatchは日本を代表するヒップホップ・ジュエリーブランドのAVALANCHE GOLD & JEWELRYとコラボレーションしたスピナーをモチーフにしたネックレスや、LOOKBOOKではグリルズ専門店のGRILLZ JEWELZ、BARBER SHOPの西山理髪店の協力により、より一層コレクションに厚みを持たせた。

Stylist: Eiji Takahashi

Photographer: Lorenzo Dalbosco

Hair/Make: Norihide Kose

Thanks: AVALANCHE GOLD&JEWELRY, GRILLZ JEWELZ, LABORATORY/BERBERJIN®, 西山理髪店

BRAND SITE http://blackeyepatch.com/
INSTAGRAM https://www.instagram.com/blackeyepatch/
SOUNDCLOUD https://soundcloud.com/blackeyepatch/
VIMEO https://www.youtube.com/channel/UCKIuomRWIZAQbETZUWL1lAQ

RELATED

BlackEyePatchによるSECT UNOの個展が福岡で開催 | TシャツやFABRICK®とのコラボコレクションも発売

BlackEyePatchが世界各国のアーティストをセレクトし、オムニバス形式で出版するzine『stacks』。最新号であるISSUE 2に参加している、東京出身のグラフィティーライターSECT UNOの個展を福岡・大名のSQUASH DAIMYOで5/17(金)から開催される。

CreativeDrugStoreとBlackEyePatchのカプセルコレクションが発売 | オープニングレセプションではBIMとdooooによるDJも

BIM、VaVa、in-d、JUBEE、dooooやheiyuなどによって構成されているCreativeDrugStoreと、東京を拠点に様々な活動を行うアパレルブランドのBlackEyePatchによるカプセルコレクションが、4/27(土)にNUBIAN UENOで発売開始となる。 ...

BlackEyePatchが世界各国のアーティストのアートワークを収録したzineの発行を記念したPOP UPを開催

先日開催した小浪次郎による写真展『SCARS』も大きな話題となったBlackEyePatchが、今度は世界各国の様々なアーティストのアートワークを収録したzine『stacks』の第2号の刊行を記念したPOP UPエキシビジョンをBEAMS T HARAJUKUで1/25(金)から開催する。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。