大注目のラッパーWeny DacilloのEP『AMPM』がリリース

Photo by Jun Yokoyama

日本のラップシーンを更新し得るラッパーを紹介する磯部涼の連載、『Rappers Update』の1回目に登場したWeny DacilloのEP『AMPM』が本日リリースされた。

Wenyは板橋出身で現在21歳、昨年リリースされEPにも収録されている"Process"が好事家たちに注目されていた。

『AMPM』には"Process"をはじめ、子供の時に行ったコンビニエンスストアの思い出が歌われる"Convenience Star〟や、メロウなフロウで白昼夢のように自身の欲望が語られる"Day Dreaming"、楽しみたい、遊び続けたいというスタンスをダンスホール的な軽快なグルーヴのトラックに乗せる"Private"など6曲が収録されている。

なお今年リリースされたシングル"1000%"は、現在別で進行中のミックステープに収録されるとのことで、こちらも期待大だ。

Weny Dacilloの『AMPM』はiTunesや、Apple Music、Spotifyで配信中だ。

Release Info

Weny Dacillo

Weny Dacillo - 『am/pm』

5/18 Release

Track List

1. Good nigth
2. ViTCH
3. Convenience Star
4. Day Dreaming
5. Process
6. Private

related

Tokyo Young Visionによる初EPがリリース | OZworld、Only Uに加えWeny Dacilloも参加

Hideyoshi、Young Dalu、Osami、Big Mike、DJ NORIOなどが所属するクルーTokyo Young Visionによる初のEP『Chawalit』が、本日7/9(金)にリリースされた。

Weny Dacilloが1年ぶりの新作『Hapitable Hotel』をリリース

スマッシュヒットの"ビッチと会う"などで知られている東京のラッパーWeny Dacilloが、1年ぶりとなる新作『Hapitable Hotel』をリリースした。

Normcore BoyzやHideyoshi、Weny Dacilloなどを擁するTOKYO YOUNG VISIONによるパーティーが開催

5/6(月・祝)に東京・渋谷HarlemでTOKYO YOUNG VISIONによる主催パーティーが開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。