MONYPETZJNKMN 『磊』リリースインタビュー | ディストピアのエモーション

ラッパーやDJ、トラックメイカー、デザイナーなどで構成されるクルーYENTOWNのユニットMONYPETZJNKMNがデビューアルバム『磊』を5/17にリリースした。

「1回やったことはやらない」をポリシーに掲げる彼ららしく、今作ではよりエモーショナルな側面を強調、新しい顔を見せた1枚になっている。Chaki Zulu全面監修の元、YENTOWNのメンバーが、がっちり脇を固めた同作について、また3人が最近気になっているラッパーやSNS、フリースタイルなどについても話を聞いた。

取材・構成 : 和田哲郎

写真 :  横山純

(PETZは遅刻中)

- 初めてのアルバム『磊』リリースおめでとうございます。これまでの3人のイメージ通りの曲もあるし、すごい幅広くなったところもあるなと。トラックはどうやってチョイスしたんですか?

MonyHorse - これかっけえみたいな。ピンときたやつですね。これ新しくね?みたいな。

JUNKMAN - まあYENTOWNの仲間に、募って選んだりもして。あとSCRATCH NICEとかぐらいかな他は。まあずっと前から友達なんで、『雲』のリミックスとかやってもらってるし。そういうのでSCRATCH NICEだけ別ですけど。ほかはYENTOWNで募った感じですね。

 

- 3人メンバーがいるとリリックのテーマみたいなものはどうやって作ってる感じですか?

MonyHorse - バラバラですね。言いたいことがある人は、その人がメインになって。

JUNKMAN - あとそのトラックのタイトルとかトラックメイカーの人がつけるじゃないですか。そのタイトル通りやってみたりとか。"X"とかたしか"X"って書いてあったんだよね。でLootaが「Xもいれよ、Xにしよ」って言って、"X"になった。そういうノリっすね。

- なるほど。他の例えばゲストが入ってる曲とかはどうですか。

JUNKMAN - DOGMAくんとのやつとかは、前からよく一緒にやってるんで自然な流れでなって。AwichはkZmの紹介なんすけど。kZmのアルバムにも入るんですけど..イケてるの選んでって感じですね。

 

- 今回の曲はアルバムを前提に作り始めたって感じですか?

MonyHorse - いいものを作ろうみたいな感じですね。アルバムモードになったのはなんでだろう?結構気に入ったトラックが集まったんで。

JUNKMAN - まずChakiさんが話を結構進めてくれたんで、それで俺らまとまった作品たしかに出してないんで、俺ら自身でもちょっとやってみようって。やってみました。

- 制作期間的にはどれぐらいかかったんですか?

MonyHorse - 2ヶ月ぐらいじゃないですか。

JUNKMAN - あぁ、まあ"ZUTTO"とかだけ先にできてるってのもあるんですけど。まあ2ヶ月か3ヶ月ぐらい。

MonyHorse - 2ヶ月だった気がします。

JUNKMAN - え、きびしい(笑)。2ヶ月?あんまストイックなイメージ付けたくないからいいじゃん3ヶ月で。

MonyHorse - いいっすよ、俺らストイックなんですよ。

JUNKMAN - 2~3ヶ月って書いてもらえれば。

MonyHorse - 2ヶ月半。

JUNKMAN - 2ヶ月半(笑)。もう2ヶ月でいいです。約2ヶ月で。

- でも2ヶ月半ぐらいで14曲ってかなり早い方ですね。

JUNKMAN - はやくね?ほら(笑)。絶対もっとかかってるよ。

MonyHorse - いや、2ヶ月です。

JUNKMAN - マジで?PETZに聞こうじゃあ。

MonyHorse - (PETZは)絶対わかってない。

JUNKMAN - 俺もわかんねえから。でも前のEPを去年の6月に出してから。アルバム作ろうってなったのは冬ぐらいなんですよね。3ヶ月かなやっぱり。

- そもそも、『上』『下』がでたのが去年で、それからかなり曲作ってるじゃないですか。

JUNKMAN - たしかに。イメージ的には。あ、おはよう。

(PETZ登場)

JUNKMAN - アルバム作るのに制作期間どんぐらいだったっけ。

PETZ - 2ヶ月ぐらいじゃね。

全員- (笑)

JUNKMAN - まじ!?(笑)おれ3ヶ月ぐらいにしようかなっていまモメてて。

MonyHorse - 2ヶ月。

PETZ - 2ヶ月。

JUNKMAN - じゃあ2ヶ月で。わかったよ。んで早いっすねって話。

MONYPETZJNKMN

MonyHorse - 東京来るタイミングで3日間ぐらいステイしてレックしまくったすね。

JUNKMAN - なんか録るしかない状況、アルバム作るってなったらそのスケジュール逆算して録るしかない状況が作られて。2ヶ月でこんぐらい作らなきゃいけないってなった別に手抜いたとかじゃないんですけど、そういう感じで、この辺にリリースしたいからここまで録り終わってないといけないから、この日までにこんぐらい曲作ってっていうのをバンバンってスケジュールに。

- でも逆算とかで作ったにも関わらず、すごく曲のテーマも分かれてるし。

JUNKMAN - しっかりしてるっすか?アルバムっぽく見せようみたいな、そういう魂胆はあったっすね(笑)。適当なものはさすがに作れない。

MonyHorse - 提供できない。

- 流れもすごいいいなっていうか、最初アゲめで入って後半はすごい。

PETZ - 落としていってみたいな。

JUNKMAN - たしかに。

- すごいエモい感じに。

MonyHorse - エモいただきました。

JUNKMAN - エモさ多めですね。

- これまでのYENTOWNのイメージって 楽しさだったりだとかやっぱそこらへんがすごい前面にでてて あんまり感情的な歌詞って。

PETZ - 無かったと思います。今回ちょっとそこ意識しながらネクストステップじゃないけど、試してみたっていうのあります。

- 入れようと思ったきっかけっていうのはあるんですか?

PETZ - 今までは楽しいのだったり盛り上がるような曲とかやってきたっすけど。意外に"Mirage"とかもエモさあったと思うんですけど、評判がよかったので、まあもうちょいエモさを出したいというのをやりたくて。

 

MonyHorse - 聴きやすくはなってると思います。

- やっぱりクールなイメージというのがこれまで僕の中ではあって、それが今回skitとかも入ってるじゃないですか。

全員- (笑)

PETZ - ダイジくん(JUNKMAN)案ですね。

JUNKMAN - 盛岡のライブでみんなで泊まった時に録ったやつで。

PETZ - ふざけてるよね笑しかもさ、Monyがちょっと堅くないすか?

JUNKMAN - わかる(笑)。それが面白いよね。

PETZ - それが逆に面白い。あれはノリっすね。映像もあるんだけど。

- そもそものところなんですけど、MONEYPETZJNKMANとして2015年から活動してきて、アルバムまでのイメージとかはできてたんですか?リリースまでちゃんとやるというか。

JUNKMAN - 期日的なものは決めてなかったですけどね。YENTOWNのアルバムっぽいの出したかったんですけど、まあそれで結局俺らで募ったYENTOWNで使う楽曲集めてたら、結局俺らのアルバムっぽくなって。最初はYENTOWNのアルバム作ろうかなって思ってたっす。

- それも準備中?

MonyHorse - そうっすね。まあ個々の動きがあるので、また別でやると思うんで。YENTOWNの動きは期待してほしいです。MARZYも結構歌ったりするので。MARZYが今年は化けるっすね、おそらく。

- kick-a-showくんとやってますよね。

JUNKMAN - バレてる。

- いきなりスタジオに来て、歌ったらできたって話を聞いて。

JUNKMAN - その段階でもう知ってる(笑)。やばい、スターの話みたいじゃないですか。今回惜しいというか、1つ心残りなのはMARZYを入れれなかったことですね。最初の予定では入れる予定だったんで。 次に俺らで出すのはアルバムじゃないですけど、MARZYとかも多分入れると思います。MARZYの魅力をみんなに知ってもらって。

MonyHorse - あの人やべーっすもんね。

MOYPETZJUNKMAN

- 例えば収録曲の"SIVA"とかだと、テーマにファイナルファンタジーとかが入ってるっていう話を聞いたんですけど。3人共そういう趣味とかって共通してたりはするんですか?

MonyHorse - してなくはないっすね。

PETZ - あの曲はまあkZmが主体でフックは考えて、まあ一応kZmっぽい色にはなってるかなってところもありますね。

JUNKMAN - でもあのフックは俺が考えたって知ってた?

PETZ - まじすか。kZmかと思ってた。トリガーとかめっちゃkZmっぽい。

JUNKMAN - でしょ。kZmっぽく考えた先があれ。

MonyHorse - かっこいいですよね。

JUNKMAN - 俺なんだよ実は(笑)。PETZは知らなかったみたいな。

次ページ : 3人が気になるラッパー

- 普段ってどういう話をしてるんですか?

PETZ - 曲の話だったり服の話だったり恋愛の話だったり。みんなと変わらないと思いますね。

JUNKMAN - みんなと変わらないと思います。

MonyHorse - みんなでグダってPVチェックしたりレゲエ聞いたり。 バラバラになって、みんなネットサーフィンしてるみたいな。

JUNKMAN - あとまあ腹減ったらみんなで飯食ったりとか。逆にあんまクラブ行かなくなったよね。この三人でクラブ行くってないよね。 もうライブの時だけだね。まあMONYも嫁いるし、俺らもみんな彼女いるし。ちょっとあんまりそういうの。

MonyHorse - ダメですよーって、厳しい。

JUNKMAN - だからまあバーとかはギリギリ。キャパ100超えるとちょっとクラブ扱い。仕事みたいな大義名分が必要になってくるよね。それにそんな理由作ってまでクラブ行きたくないよね。だったら家いるよみたいな。kZmに誘われたら行きやすい。kZmの彼女と俺の彼女仲いいし行きやすい。まあ普通の人っぽいです、結構そんなにクラバーでもないし、ミュージシャンって感じでもないし。

- 最近のお気に入りのアーティストとかっていますか?

JUNKMAN - (PETZは)Travis Scott?

PETZ - はい。XXXTENTACION?あれはまあ流行ってるからなあ。

JUNKMAN - それちょっと前に聞かれてDesiignerすかねって言ってるのと同じだよ。

PETZ - そういう感じですね。

JUNKMAN - いやTravis scottっしょPETZは、俺から見て。

MonyHorse - 俺からも。

PETZ - Travisは変わらず好きですね。

MonyHorse - 後は誰ですか?かっこいいやつ。

PETZ - Lil PeepとかLil Pump。

 

MonyHorse - Lil好きっすねー(笑)。

PETZ - かっこいいっすよね。知ってる?若いんだよ。Lil Pump、ファッションはかっこよくはないんすけどね、歌がカッコイイ。Lilつくやつかっこいい。

MonyHorse - そんなことない笑

JUNKMAN - PETZの最近のオススメはLil系ってことで(笑)。MonyはYoung系でしょ。

MonyHorse - 俺Young Thugっすね。Young Thug、Yung Pinch。Yung Pinchやばいっすよね。

 

JUNKMAN - Yung Pinchやばい。Yung Pinchはこの間Rau Defにオススメされた。

JUNKMAN - 俺はなんとかSavageみたいなのオススメっす。いろんな数字の(笑)。

PETZ - 52 Savageって知ってます?

JUNKMAN - 知らない(笑)。

PETZ - めっちゃおっさんの。

JUNKMAN - 52でもSavageしてるの?

PETZ - 見た目とか全然おっさん。40か50とかのおじさんがやったりするの。

JUNKMAN - Savageモードなんだ(笑)。やばい、こわいね。

PETZ - PNB Rockも。いっぱいいすぎて決められない。

MonyHorse
MonyHorse

- アメリカが多いですか?

PETZ - 多い。

JUNKMAN - 最近グライムの、GiggsとかもDrakeとかのアルバム入ったし。Skeptaとかもね。

PETZ - Giggsは19日来るっすよ。Giggsは顔怖い。

JUNKMAN - 怖い人だって知り合いが言ってたもん。まじであいつはほんとのギャングスターだからって。顔も怖いけどラップも怖くね(笑)?

PETZ - ラップも(笑)テクいし。

- 逆に日本とかだとあんま聞かないですか?

JUNKMAN - 俺聴くっすね。Jin Dogg。

 

MonyHorse - Jin Doggとはよく遊んでますね。あとはDOWN NORTH CAMP、最近でてきたBESくんじゃないですかね。あの人はやばいっすね。

JUNKMAN - あとMONJUがアルバム作ってるらしいんで、早くそれを聴きたい。やばそうだよね。

MonyHorse - DOWN NORTH CAMPは変態ですからね。

MonyHorse - あと神戸のYoung Coco(笑)あいつウケるっす。

PETZ - Yanocedez Benzかっこよくないですか?

JUNKMAN - かっこいい。

MonyHorse - Yanocedezも大好きです。

JUNKMAN - あと新潟のCold Roseとか、kZmが好きそう系で、俺好きです。ダークですね(笑)。昔のレイダークランみたいな。

MonyHorse - Lick-Gとかもイカしてますもんね。

JUNKMAN - Lick-Gかっこいい。LISACHRISとやってるやつやばくない?

 

MonyHorse - フリースタイルダンジョンで観たっすけど、うおーなんだこいつって思って。

JUNKMAN - Lick-Gたしかに。めっちゃラップ上手いし。

PETZ - 若いっすよね?

MonyHorse - ヤングっす。18とかめっちゃ若いっすよ。

JUNKMAN - まじ?そんな若いんだ。

- 3人共めちゃくちゃチェックしてますね。

PETZ - チェックしてますね。

JUNKMAN - 普通にヘッズすよ。ただの(笑)

MonyHorse - 関連動画でおっみたいな。おっおっおっおっって。

JUNKMAN - Youtubeだと勝手に垂れ流し。

MonyHorse - 自動再生される。1曲日本語ラップ聞いたらもうずっと日本語ラップ流れるみたいな。

JUNKMAN - そんな感じですね。

- あとJUNKMANさんに聞きたかったんですけど、最近はTwitterはいかがですか?

JUNKMAN - 思います(笑)? 彼女に結構怒られるんですよ。

PETZ
PETZ

- あ、そうなんですね(笑)

PETZ - SNSはダルいです。

JUNKMAN - うん、そうですね。静かになってます。

PETZ - よく考えたらだるいなみたいな?

JUNKMAN - 言いたいけど、ちょっとやめとこみたいな。だから下書きにめっちゃたまってる。

全員- (笑)

JUNKMAN - いつかまとめてバッて。

PETZ - 溜め込んだやつを(笑)。

- でも適当にツイッタラーをあしらったりするじゃないですか。

JUNKMAN - そうっすね。まあ面白いかなって思って適当に。

MonyHorse - ネット上の友達(笑)

- 色々勝手なこと言われたりしてたりするじゃないですか。こんど挨拶するみたいな。現場で実際に話されたことは?

MonyHorse - ウケるとしか言いようがない。

JUNKMAN - あ、結構あるんですよ(笑)。Twitterのなんとかですけどって。存じなかったり存じたりで。存じた時はあぁーみたいな。存じない時はあざっすって。

MonyHorse - あのアイコンの人っすかみたいな?

JUNKMAN - たしかに(笑)アイコンでわかっちゃう俺もいるみたいな。あ、お前かみたいな(笑)。いきなり酒おごったりしちゃいますね、たまに。面白いから。でも正直言うとダルいっすよ(笑)、無くていいです。でも別にそんな人と絡むのは嫌いじゃないんで、向こう次第っす。ダル絡みはでもダルいっす。

- なんかフリースタイルもされたみたいな。

JUNKMAN - あー、でももう今はないっすね。

MonyHorse - フリースタイルしたんすか?

JUNKMAN - フリースタイル仕掛けてくるやついるじゃん。嫌だって言ってるのに言ってくるやつとか。そういう時は本当にシカトに徹する。なんかMonyに振ったりする。

MonyHorse - あんまり無いすけどね笑

JUNKMAN - MonyいるからMony探しなよとか言うと、いなくなる。

MonyHorse - 来ないっすよ(笑)やめてくださいよ、そういうこと言うの、来たらどうするんですか(笑)。

JUNKMAN - カマせばいいじゃん。 きっちーよ。音楽聴こうぜって思う。

MonyHorse - 俺フリースタイル、SEEDAくんに一回仕掛けられたことある。

JUNKMAN - まじ?それはちょっと考えるわ。

PETZ - あせるわ(笑)

MonyHorse - ちゃんと返したっす。

JUNKMAN - 俺来なくてよかった。関係崩れるとこだった。

MonyHorse - クラブ階段上がってたらSEEDAくんずっとフリースタイルしてて、いきなり。

JUNKMAN - まじ?そういう感じ?引くわ。

MonyHorse - いや、引かないでくださいよ(笑)。SEEDAくんなんで。

JUNKMAN - わかるけど。 フリースタイルについては、すいませんみたいな。

MonyHorse - フリースタイルはなんでもいいんです。フリースタイルなんだから。

JUNKMAN - 応援はしてるっすよ。他でやるぶんには(笑)。俺にだけ来なければ、盛り上がってくれるぶんには、すごいいいこと。

JUNKMAN
JUNKMAN

PETZ - あとこの前呂布カルマの『フリースタイルダンジョン』見て、かっこよかったっすよ。

JUNKMAN - まじ?なんでいますすめてくんの?このタイミングで(笑)。

PETZ - 見たわって思って(笑)。これ最後にしましょ日本語ラップ。呂布カルマさん一緒に今度イベントでるんで。

JUNKMAN - あ、たしかにイベント出るわ、6/3にLIQUIDROOMで。

- 『フリースタイルダンジョン』とかは見てないですか?

JUNKMAN - 俺は最初の1回2回は見たかも。でもずっと見てないですね

MonyHorse - 人に見せられることが多いです。こいつ知ってる?みたいな。

PETZ - わかるそれ。みんな見てるんだよね。

JUNKMAN - 俺に誰もすすめてこないよ(笑)。録画するにも同じ時間帯でさまぁ~ずかなんか俺の好きな番組があるんだよ。ダブル録画できないんだよ。どっち録るっていったらやっぱさまぁ~ずかなって。裏番組だった気がする。あ、そっか録音してるんですね。やばい。

PETZ - やばいことなんか言ったっけ?笑

- そんなNGなこととかってあります?

PETZ - いや、ないっすね。

JUNKMAN - 特には。

- 去年とかとかだとBaauerとも一緒に曲をやりましたよね。

PETZ - あれはKosuke Adamっていう友達がいて、彼がBaauerが一昨年とかに初めて日本に来た時に Trump Houseで、DJとかして。その時にはじめてBaauerとも知り合って。でBaauerの『Aa』っていうアルバムで声使ってくれて、運良く笑 んで、もう一回作ろうみたいな話になったので。まあもともとYENTOWNのkiLLaとかのメンバーで何人かでもう一回作ったって感じですね。

 

- 他に海外のトラックメーカーとかから オファーは来たりするんですか?

JUNKMAN - いま来てるのが、TEKASHI69っていうやつと一緒にやってる、ZillaKamiからYENTOWNとやりたいって言われてて。kZmと俺がフックだけやるらしい。

PETZ - いいね、イケてると思うっすよあいつ。

JUNKMAN - あいつかっこいいよね。

- 聞きたかったのは YENTOWNの曲を聞いてると、都市がすごいディストピアっぽく描かれてるというか。

JUNKMAN - なんすかディストピアって?

- 廃墟なんだけどすごい未来っぽいみたいな感じが。そのなかで楽しんでるみたいな。

 

MonyHorse - そんな感じですね。

JUNKMAN - YENTOWNっていう言葉のイメージがそんな感じですね。

- 今の東京とかにそういったイメージを抱いてる?

PETZ - まあでもそうだったから、そういう曲になってるんだと思う。

JUNKMAN - あんまり意識はしてないですけどね。

- 自然にそういう感じに?

JUNKMAN - そうっすね。ネオ東京感みたいな。ちょっと言葉では古いすけど。そういう感じはよく言われるし、そういうふうには思ってるかもしれないですね。東京の...あんま深く言うとあれか(笑)まだみんなが知らない部分とかもあると思うので、そういうのをラップとかに落として。やっぱ綺麗なとこより汚いとこのほうが見えるかもしれないっす。

- 今後の予定は決まってるんですか?

JUNKMAN - そうですね。まあ一回でもライブまわったりとか、あとMonyのアルバム作ろうっていう。

 

MonyHorse - そうっすね、PETZくんも作ってください。

PETZ - んー、アルバムじゃないけど作ろうかなっておもってる。

JUNKMAN - まあ、それぞれなんかしたいみたいな感じはある。でももちろんMONYPETZJNKMNもあるんすけど。

PETZ - それは崩れないであって、それぞれのやつもやったほうがいいとは思うので。

JUNKMAN - 3人としてまとまった作品は今年は出ないかもしれないですね ちょいちょいEPとかはまた。あとYENTOWNのまわりの他のやつが出すんで、トラックメイカーのコンピレーションとかで曲をやるかもしれないですね。

MONYPETZJNKMN

Info
MONYPETZJNKMN

Artist : MONYPETZJNKMN(モニーペッツジャンクマン)
Title : 磊(ライ)
Release : 2017.05.17
Price : ¥2.300 +tax
No. : BPMT-1001
Label : YENTOWN / bpm tokyo

TRACK LIST :
1. INTRO (Prod. U-LEE) / MONYPETZJNKMN
2. WHOUARE feat. Awich (Prod. Chaki Zulu) / MONYPETZJNKMN
3. X feat. Loota (Prod. WATAPACHI) / MONYPETZJNKMN
4. SPACY (Prod. Chaki Zulu) / MONYPETZJNKMN
5. 啓示の書 feat. DOGMA (Prod. WATAPACHI) / Junkman
6. SKIT (Prod. neon potato) / MONYPETZJNKMN
7. UP IN SMOKE (Prod. Chaki Zulu) / MONYPETZJNKMN
8. SIVA feat. kZm (Prod. LISACHRIS) / MONYPETZJNKMN
9. ZUTTO (Prod. JAM & Chaki Zulu) / MONYPETZJNKMN
10. Uh... Down... (Prod. U-LEE) / MONYPETZJNKMN
11. DREAMIN (Prod. Chaki Zulu) / MONYPETZJNKMN
12. BACKHOME (Prod. NabeWalks) / MONYPETZJNKMN
13. NARU (Prod. Dj Scratch Nice) / MONYPETZJNKMN
14. 44 (Prod. U-LEE) / MonyHorse

YENTOWN

Instagram (YENTOWN):@yentowntokyo

Twitter:https://twitter.com/YENTOWNTOKYO
YouTube (YENTOWN): https://www.youtube.com/channel/UCSVUraoC0p7x_HwMlMcvsPA

▪︎bpm tokyo

web : www.bpmtokyo.com

Instagram : @bpmtokyo

twitter:https://twitter.com/bpm_tokyo

related

【インタビュー】DYGL 『A Daze In A Haze』|とにかく良い音楽であればいい、シンプルで

このたびDYGLは、内省と音楽的冒険の季節をへて、これまでにないほどオープンで快活、ユーフォリックとさえいえるサウンドを手にした新作『A Daze In The Haze』を発表する。何はともあれまずは、制作の終盤にかけこみで完成させたという“Half of Me”を聴いてほしい。今いる環境に留まりたい気持ちをなんとか断ち切って、「次のところ」へと向かわんとするまさにその瞬間をレジュメした本ナンバーは、コロナ禍でなかなか聴くことの叶わなかったアップリフリティングな「ポップス」である。ノスタルジアに対する否定ではない、むしろ未練を残したような「half of me is still aching inside my head」というサビのラインに、時代精神のすべてが込められている。

【インタビュー】Elle Teresa|等身大の自分がクラシック

Elle Teresaの存在を知ったのは4年ほど前。バンドMs.Machineを始動し始めた頃「Elle Teresaってラッパーがいるんだけど超いいよ。SAI好きだと思う。」と教えてもらい、Youtubeで「ニートTOKYO」を見てみると、フリースタイルについて独自の持論を語る彼女がいた。いまだにマッチョな男社会でもあるヒップホップの世界で作り上げられた流儀について「興味ない」と一蹴する彼女に一瞬でハマってしまった。以後、自分のライブ前に彼女の曲を1人で聴いたり、たまに頼まれるDJで彼女の曲を流したりしたのを覚えている。

【インタビュー】Daichi Yamamoto 『WHITECUBE』| 好き嫌いじゃない曲が揃った

2019年のソロデビュー作『Andless』で大きな飛躍を遂げたDaichi Yamamotoが、EP『Elephant In My Room』を挟んで2年ぶりのニューアルバム『WHITECUBE』を6月にリリースした。 多様なトラックに対してバラエティに富んだフロウで驚かせてくれた前作の流...

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。