レゲエアーティストが歌う「きゅうりははめっちゃ身体にいい」ソングとDrakeのマッシュアップ動画の近年まれに見る完成度

先月イギリスのレゲエ・アーティストMacka Bが「いかにきゅうりが身体にいいか」を軽妙に歌う曲"Cucumber"がFacebookを中心にバスり、4000万回再生以上の再生回数を叩き出している。その「きゅうりソング」がDrakeの『More Life』に収録されている"Passionfruit"のトラックとマッシュアップされ、さらなるバイラル動画になっている。

これがMacka Bのもともとの動画だ。きゅうりは水分やミネラルを豊富に含んでおり、さまざまな効能があることをレゲエのフリースタイルで歌っている。

この動画がFacebookのバイラルメディアUNILAD Soundに転載されると、4000万回以上の再生回数へ。イギリスのレジェンドがユニークなトピックで歌っていることが大ウケしているようだ。

そしてマッシュアップはこちら。完璧にフィットしている。現在1万回近くRTされている。Drakeの次回作にMacka Bがフィーチャーされる可能性もあるかもしれない。

RELATED

NBAチーム76ersのオーナーがDrakeの呪いによって負けを喫した事に対して恨みを述べる

先日スポーツ界でまことしやかに囁かれているDrakeの呪いを紹介したが、その呪いによって実際に試合で負けを喫した76ersの共同所有者がCNBCのインタビューに応じた。

スポーツ界に広まるDrakeの呪いの恐怖 | 魔除けのために対戦相手の地元ラジオ局がDrakeの楽曲を放送禁止に

言わずと知れたヒップホップシーンのトップアーティストDrakeだが、最近ではスポーツ界にも影響力を及ぼし始めている。

Drakeが地元のNBAチームであるトロント・ラプターズを勝利に導くため相手チームに呪いをかける

以前紹介した、「サッカー選手がDrakeと写真を撮るとそのチームが試合に負ける」という「Drakeの呪い」を覚えているだろうか?今回、Drakeが自身の不幸な能力を逆手にとって地元のNBAチームを援護したようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。