Tim Heckerの3年ぶりとなる来日公演決定。サウンドと靄の空間インスタレーションと称されるライブセットを披露

カナダ出身のコンポーザー/でサウンドアーティストのTim Heckerの3年ぶりとなる来日公演が、5/17に東京・渋谷のWWW Xで開催される。

Tim Heckerはアンビエントやドローンシーンの重要人物で、WWWでの2013年の初来日公演は満員札止め、翌年2014年にはTAICOCLUBへ出演し、深夜のこだまの森に溶け入る幽玄なパフォーマンスが話題となった。

2016年にはアルバム「Love Streams」をリリース。アイスランドの聖歌隊のヴォーカルや木管楽器の生音を加工し、アブストラクトなエレクトロニックサウンドと融合した、”アヴァンクラシカル”な新境地を提示した。

 

過去の来日公演では暗闇の中でオーディエンのイマジネーションを喚起したTim Heckerだが、近年のライブパフォーマンスは、大量のスモークをホール内に充満させその霞をLED光が染めあげるサウンドと靄の空間インスタレーションへと近づいていると称される。世界各国で絶賛されるその最新パフォーマンスが遂に日本に上陸する。

なお今回の来日は東京WWW X公演のみ。パフォーマンスをベストな環境でお楽しみ頂くため、400名限定のショーとなる。

Info

Tim Hecker

Tim Hecker
日程:2017年5月17日(水)
会場:WWW X
出演:Tim Hecker
時間:open19:00 / start20:00
料金:前売¥4,500(税込 / ドリンク代別 / オールスタンディング) ※400名限定
問い合わせ:WWW X 03-5458-7688 http://www-shibuya.jp/
チケット:一般発売 4/8(土)
PIA[P:329-148] / LAWSON[L:74515] / e+ / Resident Advisor
公演詳細:http://www-shibuya.jp/schedule/007720.php 

related

BIMのバンドセットとYogee New Wavesによる初のツーマンライブがWWW Xにて開催

BIMのバンドセットとYogee New Wavesによる初のツーマンライブが、WWW10周年企画としてWWW Xにて6月4日(金)に開催される。

気鋭のトランペッター黒田卓也による忘年会『aTak』が今年も開催 | 石若駿も新編成で登場

N.Y.を拠点に活躍する気鋭のトランペッター黒田卓也がホストを務めるオールナイトの音楽大忘年会『aTak』が今年も12/27(金)に渋谷のWWW Xで開催される。

WWW & WWW Xのアニバーサリーシリーズで『Emotions』やイ・ランと七尾旅人の2マン、Moses Sumneyなど6イベントが開催決定

東京・渋谷のライブスペースWWWが8周年、上階のWWW Xが2周年を今秋迎えるにあたりアニバーサリーシリーズが開催、第一弾として6つのイベントが発表された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。