在日ファンクがNHK新番組テーマ曲を担当。後関好宏が参加する最後の楽曲"きみのはどう"を使用

在日ファンクが本日4/6 午後7時半からスタートのNHK新番組『人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!』のテーマ曲を担当する。

司会を古舘伊知郎が務める『人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!』は、毎週日本人の”おなまえ”にまつわるさまざまな”ナゾ”や”あるあるトーク”といったネタを扱い掘り下げていく雑学バラエティー番組。日本に在りながらファンクを掘り下げていく在日ファンクの姿勢が番組イメージともマッチし、テーマ曲で起用されることになった。

在日ファンクの書き下ろしテーマ曲のタイトルは"きみのはどう"、この楽曲は先月のツアーで脱退が発表されたSAX後関好宏が参加する最後の楽曲となる。

Info

Logo

4月6日スタート NHK総合「人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!」

毎週木曜日よる7:30 放送

再放送 毎週火曜日 午前0時10分(月曜深夜)

http://www4.nhk.or.jp/onamae/

テーマ曲 在日ファンク「きみのはどう」

在日ファンクオフィシャルHP

http://zainichifunk.com/

日本コロムビアオフィシャルHP

http://columbia.jp/zainichifunk/

RELATED

在日ファンクがホール公演を含む東名阪ワンマンツアーを開催

在日ファンクの東名阪ワンマンツアー、その名も『おかんむりパワーツアー』が今年11月に開催決定となった。

恵比寿LIQUIDROOMの15周年記念公演『カクバリズムの夏祭り』の出演者が発表|在日ファンク、思い出野郎Aチームらの出演が決定

毎年恒例の『カクバリズムの夏祭り』の恵比寿LIQUIDROOMの15周年記念公演の出演者が、例年より早く発表となった。

田名網敬一が本日放送の『情熱大陸』に出演

1950年代から創作活動を始め、グラフィックやイラスト、アニメーション、更には音楽やファッションまで幅広い活躍を続け日本ポップアート界の巨匠、果てはサイケデリックマスターの異名もとる田名網敬一。60年に及ぶ創作活動の中で今が一番充実しているという田名網が本日23:15~放送のTV番組『情熱大陸』に出演する。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。