新時代ガールズカルチャーの象徴emmaがセルフプロデュースしたビジュアルスタイルブックを発売

アンニュイな雰囲気とストリート系ファッションを着こなすセンスが話題を呼び、装苑やNYLON JAPANで活躍し、現在はViVi専属モデルを務めるemmaがセルフプロデュースのビジュアルスタイルブック『emma』を発売する。

emma

emma

5/21の発売に先立ちピンク、バッドガール、セクシーなど様々なテーマで撮影されたカットの一部や表紙、メイキングムービーが本日公開された。全160 ページの企画、スタッフキャスティング、撮影ディレクション、写真セレクト、ページの構図や構成に至るまでのすべてをemma自身が発案・監修。各テーマに沿って国内外問わず活躍する気鋭のクリエイター、アーティストたちと1から作り上げている。

自身の私服を取り入れたコーディネートやセルフメイク、セルフスタイリングによる撮影も行い、また家族のこと、子供時代についても明かすなどパーソナルな部分に迫る企画も。

 

発売日には渋谷の書店HMV&BOOKS TOKYO、 SHIBUYA TSUTAYAにてイベントも開催される。詳細は、販売情報ページをチェック。

Info

emma

タイトル:ビジュアルスタイルブック 『emma』
著者:emma
価格:2000円(税込)
ページ数:160P
判型:B5変形
発売日:2017年5月21日(日)
発行:(株)SDP

<スタッフ>
カメラマン:藤田一浩、Sasu Tei、Tammy Volpe、サイトウムネヒロ、神戸健太郎、宮﨑裕介 スタイリスト:野口強、田中香菜、松居瑠里 ヘアメイク:sachiko、TORI、足立真利子、吉田可奈子、信沢Hitoshi、岡田知子、小澤麻衣、YUKI(Make)、 ABE(Hair)

related

インディラップの名盤500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行

DU BOOKSから1991年から2020年までインディレーベルからリリースされたヒップホップ作品500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行される。

GEZANのマヒトゥ・ザ・ピーポーが初のエッセイ集『ひかりぼっち』を刊行

GEZANのフロントマンであり自主レーベル・十三月の運営、フリーフェス『全感覚祭』の主催や映画出演など、ボーダーレスな活動で注目を集めるマヒトゥ・ザ・ピーポーが初のエッセイ集『ひかりぼっち』を、11/17(火)に刊行する。

Stone Islandの歴史を集約した書籍『STONE ISLAND: STORIA』が刊行

1982年にイタリアで設立されて以来、最先端のアウターウェアとして世界中において熱狂的なファンを獲得してきたブランドStone Island。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。