注目ラッパーXXXTENTACIONがついに釈放。3つの新作を準備中と明かし、Drakeをさらにディスる

Drakeが盗用した疑惑も起こった"Look At Me"で一躍注目を集めたフロリダの若手ラッパーXXXTENTACIONは昨年の7月に強盗などの罪に問われ収監されていたが、本日ついに釈放された。

XXXTENTACIONは釈放後すぐにPeriscopeで動画を配信、現在3作のプロジェクトを制作中であることを明かした。その3つのプロジェクトタイトルは『Seventeen』、『I Need Jesus』、『Revenge』となるとも話している。

さらにXXXTENTACIONはファンに向けてメッセージを発信、Drakeに対してのディスなどで、注目度を増し続ける現状の心境を明かした。

「おれはファンのみんなと話せなくてめちゃくちゃ苦しかったんだよ。昔からのファンで新しいファンのことが嫌いなやつに言いたい、おれたちはファミリーだ。おれたちはめちゃくちゃでかいコミュニティーになれる。新しいファンを非難したり、彼らに切れたりしないでほしい。その代わり"Look At Me"を聴かせてあげてくれ、それでおれの他の曲を紹介して本当にいい音楽を示してあげてほしいんだ」とXXXTENTACIONはファンに向けて語り、自身のコミュニティーをさらに拡大させていく意思を示した。

 

この動画配信とは別でラジオ番組に出演したXXXTENTACIONは、Drakeの『More Life』に収録され"Look At Me"の盗用との噂が立っている"Kmt feat. Giggs"について語った。「Drakeの韻は文字通りおれの曲と同じテンポだよ。Drakeは男じゃない、ビッチだね」と批判、「彼がおれの曲を盗んで、自分のアルバムに入れるようなことをせず、親切な人間でカルチャーのためにこの曲をやるなら、おれは彼をリミックスに参加させたかった」とDrakeの誠意のない対応について怒りの声をあげている。

釈放され自由の身になったXXXTENTACIONはどのような活動を展開していくのだろうか。

 

 

related

Drakeが製作総指揮、Zendayaが主演するドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』がU-NEXTで配信

HBOが気鋭スタジオA24とタッグを組み、Drakeが製作総指揮をとったドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』が、本日6/30(水)からU-NEXTで独占配信開始となった。

DrakeがSpotify史上初めて合計500億回再生を突破

アルバムやシングルを発表する度に大きな話題を呼び、これまでにもチャートで歴史的な記録を数多く樹立してきたDrake。そんな彼が、また新たに驚くべき記録を打ち立てたようだ。

俳優のビル・マーレイとJenny LewisがDrakeの“Laugh Now Cry Later”をカバー

シンガーソングライターのJenny Lewisと、『ゴーストバスターズ』シリーズや『恋はデジャ・ブ』、『ロスト・イン・トランスレーション』などで知られる俳優のビル・マーレイが、DrakeとLil Durkの“Laugh Now Cry Later”をカバーしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。