Danny Brownのジョナ・ヒルが監督した"Ain’t it Funny"のホームドラマ風ミュージックビデオが公開

デトロイトのラッパーDanny Brownがアルバム『Atrocity Exhibition』から俳優のジョナ・ヒルが監督した"Ain’t it Funny"のミュージックビデオを公開した。

このミュージックビデオには映画監督のガス・ヴァン・サントや『愉快なシーバー家』で知られる女優のジョアンナ・カーンズが出演。アメリカのホームドラマ風の設定の中で、Danny Brownがドラッグや酒の力を借りてめちゃくちゃな行動をするという彼らしい内容のビデオになっている。後半にはドラッグの着ぐるみも登場する。

 

RELATED

Gucci Maneが次のMVの監督に俳優のジョナ・ヒルを起用

3/2(土)に映画『22 Jump Street』などで知られる俳優Jonah HillがInstagramでGucci Maneとのトークのスクリーンショットを公開し、自身がGucci Maneの次のMVを監督する事を明かした。

Tyler, The CreatorがTVや人種差別について語る

数多くの映画に出演しながらも、ヒップホップやスケートに造詣が深いことで知られている名優のジョナ・ヒル。そんな彼が監督を務めた映画『Mid90s』は現在アメリカで公開中だが、その映画に出演しているスケーター達が所属しているのがアメリカの西海岸を拠点として活動するスケートクルーIllegal Civilizationだ。

俳優ジョナ・ヒルが90年代ヒップホップクイズに挑戦し、豊富なヒップホップ知識を見せる

東海岸のアンダーグラウンドヒップホップに強い影響を受け、自身でもビートを作っていた経験がある俳優のジョナ・ヒル。ヒップホップやスケートカルチャーのマニアとして知られている彼が今回、Geniusの企画で90年代ヒップホップクイズに挑戦している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。