Pioneer DJ「TORAIZ SP-16」と音源ライブラリ「Splice Sounds」がコラボ。クラウド対応可能なハードウェア・サンプラーが誕生

2017/3/15(水)にPioneer DJは、ユーザー数70万人以上のクラウド型楽曲制作プラットフォームを提供するSpliceとの提携を発表した。これにより、音楽制作用サンプラー「TORAIZ SP-16」で、Spliceの豊富なオンライン・サンプル・ライブラリ「Splice Sounds」の利用が可能になる。

Splice Soundsは、個別にサンプル音源をダウンロードできるサブスクリプション・サンプル・ライブラリとして、2015年にサービスを開始。大手50以上のレーベルや著名アーティストから毎週新しいサンプル音源がリリースされるなど、サンプル音源の入手方法に大改革をもたらしたサービスだ。

Splice

Splice Soundsを利用することでTORAIZ SP-16のユーザーは、世界クラスのアーティストによる100万以上の音源カタログから好きなサンプル音源を選択し、自分だけのサンプルキットを作成・保存できるようになるほか、「Beatmaker」機能によってウェブ上やモバイル・デバイスで32ステップのシーケンスをプログラミングすることも可能になる。

 

またBeatmakerで作成したビートは、ボタンをクリックするだけでサンプルキットとシーケンスが同梱された「SCENE」ファイルとしてTORAIZ SP-16へ簡単にエクスポートできるため、クラウド上で作成したビートをTORAIZ SP-16の機能やFXによる加工などを使って、よりオリジナルなものに作りこむこともできる。

TORAIZ

TORAIZ

現在Spliceの公式サイトでは、TORAIZ SP-16とSpliceのコラボレーションを記念して、Splice Soundsのサービスを1か月間無料で試すことができるクーポンコードを発行している。クーポンコードの利用方法は以下のとおり。

1.こちらよりSIGN UP(アカウント作成)する

2.SettingsにてEnter promo codeをクリックし、Promo codeの欄に “TORAIZ16”と入力する

3.Splice Soundsの各サービス「Browse」(音源を探す)、「Likes」(お気に入りのサンプル・ライブラリ)、「REPACKS」(自分だけのサンプルパック)、「Beatmaker」などが利用可能になる

Splice HP:https://splice.com/ (Yuuki Yamane)

related

Pioneer DJからCDJの最新フラッグシップモデルCDJ-3000が発売

Alpha Theta株式会社(旧Pioneer DJ株式会社)が、最新フラグシップモデルのプロDJ/クラブ向けマルチプレーヤー『CDJ-3000』を2020年9月下旬に発売する。

Pioneer DJから6chプロフェッショナルDJミキサー『DJM-V10』が2月下旬に発売

AlphaTheta株式会社(2020年1月1日付でPioneer DJ株式会社から社名変更)は、自在に音を操り創造的なパフォーマンスを実現する新しい6chプロフェッショナルDJミキサー『DJM-V10』を2020年2月下旬に発売する。

Pioneer DJからオールインワンDJシステム『XDJ-XZ』が発売

Pioneer DJからさまざまなシーンにおいてプロフェッショナルなDJ演奏環境を構築できるオールインワンDJシステム『XDJ-XZ』が11月中旬に発売される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。