アトランタのニュース番組がNotorious B.I.G.のリリックを引用し伝説的ラッパーを追悼

1997年3月9日にロサンゼルスで銃殺され、24歳という若さで亡くなったNotorious B.I.G.の死から20年が経った。まだ事件は解決していない。

ソーシャルメディアでは多くの人が彼の歌詞を投稿し、彼を追悼した。その一方、アトランタのChannel 2 Action Newsという番組では、ホストMCとアナウンサーが朝の交通情報のコーナーでユニークな方法でNotorious B.I.G.を追悼した。

まず、ホストMCが交通情報にスイッチする前に「if you don't know, now ya know」というNotorious B.I.G.の"Juicy"の名ラインを引用。

「I know you thought birthdays were the worst days, but I think Thursday might be the worst day」と交通情報のお兄さんも"Juicy"の「Birthday was the worst day」というラインを引用。さらにお兄さんは「B-I-G-G-I-E」と畳み掛けた。

さらにB.I.G.の名曲"Hypnotize"のタイトルとリリックを「Unfortunately, your car can't go 160 swiftly」と引用し、渋滞するアトランタの交通情報を伝えた。

その交通情報のお兄さんの引用スキルで火が付いたホストは、アトランタのR&Bカルテットグループ112がNotorious B.I.G.をフィーチャーした"Only You"のB.I.G.のヴァース"Cats named Pablo in milked out Diablos"をアナウンスに組み込みフローのスキルを披露した。

2人は昨年Phife Dawgが亡くなった時も同じような方法で故人を追悼している。

related

Notorious B.I.G.が2020年のロックの殿堂にノミネート

ロックンロールに大きな影響や功績を残したアーティストやプロデューサーなどの記録が展示されているアメリカはオハイオ州にあるロックの殿堂。毎年、様々なアーティストが選ばれるが、来年のロックの殿堂にNotorious B.I.G.がノミネートされた。

The Notorious B.I.G.のクラシックアルバム『Ready To Die』の25周年記念ボックスセットが発売

不世出のラッパーThe Notorious B.I.G.が、1994年に発表した生前唯一のアルバム『Ready To Die』の、リリース25周年を記念した限定のボックスセットが登場する。

ブルックリンにNotorious B.I.G.の名を冠した通りが遂に完成

以前よりアナウンスされていた、ブルックリンの通りにNotorious B.I.G.の名前をつけるというプロジェクト。今週月曜日の6月10日、予告通りにNotorious B.I.G.の通りが完成し、記念式典が行われたようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。