今月末に公開が迫る『ムーンライト』のサントラのリリースが決定

日本での公開予定が、熱いリクエストを受け今月末に繰り上がった、アカデミー賞作品賞受賞作『ムーンライト』のサウンドトラックがリリースされることが決定した。

Nicholas Britellが手がけた『ムーンライト』のサウンドトラックには、Boris Gardnerによるメロウソウルチューンや、サウスヒップホップシーンの大物グループGoodie Mobによる楽曲なども収録。

また『ムーンライト』にはNicholas Britellと監督も公認したチョップ&スクリューバージョンのサウンドトラックも存在しており、こちらは第一人者のSwishahouseが手がけている。

オリジナルのサウンドトラックにもチョップ&スクリューの手法が引用されているからで、サウスヒップホップのテクニックがどう反映されているか、チェックしてほしい。

Release Info

ムーンライト

タイトル:オリジナル・サウンドトラック ムーンライト
アーティスト:ニコラス・ブリテル
発売予定日:2017年4月7日(金)
品番:RBCP-3186   JAN:4545933131866
価格:2,400円(税抜)   ジャンル:サウンドトラック

3月31日(金)、TOHOシネマズシャンテ他にて全国公開

1. Every N****r Is a Star by Boris Gardner 2. Little’s Theme 3. Ride Home 4. Vesperae Solennes de Confessore – Laudate Dominum, K. 339 5. The Middle of the World 6. The Spot 7. Interlude 8. Chiron’s Theme 9. MetroRail Closing 10. Chiron’s Theme Chopped & Screwed (Knock Down Stay Down) 11. You Don’t Even Know 12. Don’t Look at Me 13. Cell Therapy by Goodie Mob 14. Atlanta Ain’t but So Big 15. Sweet Dreams 16. Chef’s Special 17. Hello Stranger by Barbara Lewis 18. Black’s Theme 19. Who Is You 20. End Credits Suite 21. The Culmination (Bonus Track)

『ムーンライト』

Moonlight

3/31(金)、TOHOシネマズシャンテ他にて全国公開

http://moonlight-movie.jp

配給・宣伝 お問い合わせ:ファントム・フィルム 03-6276-4035

related

木村太一の初長編映画『Afterglows』の公開に合わせたプレミアムイベントがWWW Xで開催

映画監督/映像作家の木村太一の初長編映画『Afterglows』の公開に合わせたプレミアムイベント『4D by Taichi Kimura “Afterglows”』が、12/9(金)に渋谷 WWW Xで開催される。

Supreme前夜、NYストリートで何が起こっていたのか | 映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』監督インタビュー 

2022年10月21日よりドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が公開される。

M.I.A.を追ったドキュメンタリー映画『マタンギ / マヤ / M.I.A.』が1日限定上映

ミュージシャンのM.I.A.を追ったドキュメンタリー映画『マタンギ / マヤ / M.I.A.』が、10/14(金)に1日限定で上映される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。