かつてないほどミニマルなデザインのレコードプレーヤー『Wheel』

世界的なレコードブームの中で、多くの会社が斬新なレコードプレイヤーを開発している。例えば磁力でターンテーブルを浮かせたレコードプレーヤーなどのアイテムをFNMNLでも紹介したが、本日紹介するプレーヤーは無駄のないデザインが好きな方なら絶対気に入るはずだ。

新しいレコードプレーヤー『Wheel』はその名の通り、ターンテーブル=Wheelしかないミニマルなデザインのプレーヤーだ。トーンアームもなければ、当然針もついていない。

Record

どのように操作するかというと、中央の軸が再生ボタンや停止ボタンになっており、針はターンテーブルの内部に埋め込まれている。またスピーカーとの接続もワイアレスで可能なので、レコードとターンテーブル以外は何も露出しないプレイヤーなのだ。

またカートリッジもAudio Technica AT95Eを使用しており、普段は内部に隠れているため、普通の針が露出したプレーヤーよりホコリなどでダメージを受けることも少ない。

『Wheel』はクラウドファンディングサイトKickstarterで制作資金50000ユーロ(約600万円程度)を募っている。あと17日間残っているので、このミニマルなプレーヤーが気に入った方は投資してみては?

related

1000種類以上のシンセサイザーの遊び場『The Playroom』設立のためのクラウドファンディング開始

スイスの電子音楽楽器ミュージアム『SMEM』が、シンセや楽器で遊べる公共の遊び場『The Playroom』を設立するためのクラウドファンディングを開始した。

世界初のDIY レコードプレーヤー『SPINBOX』が登場

世界で初めて自分で組み立てを行うDIYタイプのレコードプレイヤー『SPINBOX』が、5月に日本で発売される。

ビンテージの子供向けレコードプレーヤーを本格的なDJ用ターンテーブルに改造

とあるコレクターが、アメリカの老舗おもちゃメーカー『Fisher Price』が製造している子供向けレコードプレーヤーを、実際にDJが使用できるポータブルターンテーブルに改造した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。