アカデミー賞助演男優賞を受賞したマハーシャラ・アリはラッパーPrince Aliとして活動していた

前代未聞のハプニングもあった今年のアカデミー賞で、作品賞を受賞した『ムーンライト』。同作でキューバ人ドラッグディーラーの役を演じ、見事に助演男優賞を獲得したのがマハーシャラ・アリだ。アリは今回の受賞でイスラム教徒として初のオスカー獲得という快挙も達成した。

そんなアリはかつてラッパーPrince Aliとして活動、2枚のアルバムをリリースしていたことが判明した。

アリはXXLの取材に対し「ヒップホップは自分の人生に最も大きな影響を与えた」と語っており、以前はブレイクダンスもできたという。

彼は2006年『Corner Ensemble』2007年に『Curb Side Service』という2枚のアルバムで、サンプリングを使用したオーセンティックでオーガニックなサウンドを披露していた。アリのアルバムにはDilated PeoplesのRakka IriscienceやKeith Murrayなども参加している。

 

アリは「ヒップホップを通して様々な人種の人々が自分のアイデンティティーを発見し表明するチャンスができた」とし、「自分にとってはそれが間違いなく真実だった」とヒップホップが自分に与えた影響を説明している。

RELATED

GEZAN初のドキュメンタリー映画『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』の予告編が公開

2009年の結成以来精力的な活動を続け、野外フェス『全感覚祭』やレーベル『十三月』を主催し、現在の日本のアンダーグラウンドシーンを牽引するロックバンドGEZAN。そんな彼らのアメリカツアー、アルバムのレコーディングを追ったドキュメンタリー『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』の予告編が公開となった。

ヴィム・ヴェンダースの名作『ベルリン・天使の詩』がBunkamura ル・シネマで2週間限定上映

東京・渋谷のBunkamura ル・シネマで5/3(金・祝)からの2週間限定でドイツの名匠ヴィム・ヴェンダース監督不朽の名作『ベルリン・天使の詩』の上映が決定した。

ジャズ・レーベルの代名詞的存在のブルーノート・レコードを描いたドキュメンタリー映画の日本公開が決定

今年レーベル創立80周年を迎えたジャズ・レーベル、ブルーノート・レコードは、マイルス・デイヴィスからノラ・ジョーンズまで時代を代表する多くの名盤を発表し長きにわたりジャズの世界をリードし続けてきた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。