Frank OceanとJay Zが現代のラジオ番組の問題点について語る。「ラジオ局のプレイリストは音楽を元に選曲されていない」

Frank Oceanが本日早朝放送していたラジオ番組『Blonded Radio』に、ゲストとしてJay Zが出演。2人は現代のラジオ番組の問題点について語っている。

Jay Zは現代のラジオ番組が「広告モデルでしかない」と指摘し、ポップヒットをプレイする局では、18~34歳の白人女性向けの曲しかプレイされないと、楽曲の内容ではなく、広告代理店のビジネスのためという観点でしか選曲しかされていないと語った。

さらにボブ・マーリーの例を出し、「ラジオ局のプレイリストは音楽を元に選曲されていない。もし今ボブ・マーリーのようなアーティストがいたとしても、ラジオ局はそのアーティストの局をプレイしないだろう。そんなの狂ってる」と、あまりにも広告モデルに偏ってるラジオのあり方を批判した。

そして、「音楽は音楽だ」と続けるJay Zは「ラジオ局は変わらなければならない、もっと進歩的に」と、ラジオ局が音楽をベースとした選曲に変わらなければならないと提言する。その背景にはテクノロジーの進化などで、時代は常に変化しており、その変化の中で、広告のためではなく「音楽やアーティストやラジオ局などのアートに関わるもののためになること」があったほうがいいとJay Zは続けた。

そして「アーティストは限られたリスナーのためではなく音楽を作っている」とJay Zは、アーティストはマーケティングの道具ではないと語り、会話を締めくくった。

 

 

related

【特集】「私と『Blonde』」vol.2|「自己」の多層性を開ける

Frank Oceanが2016年8月20日にリリースした歴史的名作『Blonde』から、今年で早5年。多くのリスナーに衝撃をもって迎えられた同作は、現在に至るまで様々な分野のアーティストに絶大な影響を与え続けている。

【特集】「私と『Blonde』」vol.1|butasakuによる往復書簡

Frank Oceanが2016年8月20日にリリースした歴史的名作『Blonde』から、今年で早5年。多くのリスナーに衝撃をもって迎えられた同作は、現在に至るまで様々な分野のアーティストに絶大な影響を与え続けている。

Daichi Yamamotoが京都のラジオ局α-STATIONでレギュラー番組をスタート

開局30周年を迎える京都のラジオ局α-STATION FM京都で京都出身のDaichi YamamotoがDJを務めるレギュラー番組がスタートする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。