Frank Oceanのラジオ番組『Blonded Radio』のプレイリスト。アーカイブも公開

本日の早朝にFrank OceanがApple Musicのラジオ局Beats 1で特別番組『Blonded Radio』のパーソナリティーとして登場、Jay Zもゲストで出演した。

『Blonded Radio』で放送された楽曲のプレイリストが公開になっている。『Boys Don’t Cry Magazine』でも掲載されたフェイバリット・ソングリストでもエクレクティックな趣味を披露していたOceanだけに、今回の放送でもThe Isley Brothersや敬愛するPrince、Nina Simone、Aphex Twin、Migos、Futureなど幅広い楽曲がプレイされた。

1. Glass Animals, "Youth"
2. Future, "I'm So Groovy"
3. Migos, "Get Right Witcha"
4. NAO, "Bad Blood"
5. Outkast f. Erykah Badu, "Humble Mumble"
6. The Isley Brothers, "The Highways of My Life"
7. Prince, "Adore"
8. Prince, "When You Were Mine"
9. Prince & The Revolution, "The Beautiful Ones"
10. Esperanza Spalding, "Judas"
11. The Notorious B.I.G., "I Got a Story to Tell"
12. Miles Davis & Robert Glasper f. King, "Song for Selim"
13. Sade, "Love Is Stronger Than Pride"
14. Yussef Kamaal, "Yo Chavez"
15. Ty Dolla $ign f. 24hrs, "Back Up"
16. DJ Rashad & Traxman, "Lost Worlds"
17. Frank Ocean, "Pink + White"
18. Air, "Alone In Kyoto"
19. Stevie Wonder, "Heaven Is 10 Zillion Light Years Away"
20. Michael Jackson, "I Can't Help It"
21. Pixies, "Hey"
22. Dirty Projectors, "Cool You Heart"
23. Nina Simone, "Mr. Bojangles"
24. Clams Casino f. Lil B, "32 Levels"
25. Teen Suicide, "Wild Thing Runs Free"
26. Aphex Twin, "Film"
27. Frank Ocean, "Self-Control"
28. Ola Pang, "Glimmer"

Frank Oceanの『Blonded Radio』のアーカイブは下記リンクから公開されている。

 

related

【特集】「私と『Blonde』」vol.2|「自己」の多層性を開ける

Frank Oceanが2016年8月20日にリリースした歴史的名作『Blonde』から、今年で早5年。多くのリスナーに衝撃をもって迎えられた同作は、現在に至るまで様々な分野のアーティストに絶大な影響を与え続けている。

【特集】「私と『Blonde』」vol.1|butasakuによる往復書簡

Frank Oceanが2016年8月20日にリリースした歴史的名作『Blonde』から、今年で早5年。多くのリスナーに衝撃をもって迎えられた同作は、現在に至るまで様々な分野のアーティストに絶大な影響を与え続けている。

Daichi Yamamotoが京都のラジオ局α-STATIONでレギュラー番組をスタート

開局30周年を迎える京都のラジオ局α-STATION FM京都で京都出身のDaichi YamamotoがDJを務めるレギュラー番組がスタートする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。