Migosの2 Chainzをフィーチャーした"Deadz"のミュージックビデオ。歴代大統領やオーケストラも登場

現在大ヒット中のMigosのニューアルバム『CULTURE』から2 Chainzをフィーチャーした"Deadz"のミュージックビデオが公開された。

"Deadz"とは死人を意味する言葉で、この曲ではアメリカの紙幣には亡くなった歴代大統領の顔が描かれているため、アメリカの紙幣を意味している。Migosは曲のなかで朝起きるとすぐに、稼いだ金を数えることを、大統領を数えると表現している。

ビデオはホワイトハウスらしき建物を舞台に、オーケストラが壮大な演奏を繰り広げるなか、ワシントンやリンカーンなど歴代大統領も登場するリリックの世界観を映像に落とし込んだビデオになった。

related

Quavoが約10年越しに高校卒業資格を得たことを発表

言わずと知れたMigosのメンバーとしてスターとなったQuavo。そんな彼が、人生の大きな節目を迎えたようだ。

Quavoがホラー映画をプロデュースすることが明らかに

言わずと知れたMigosのリーダー格であるQuavo。そんな彼が、なんとホラー映画のプロデュースを行うことが明らかになった。

Migosとアメリカのフライドチキンチェーン店Popeyesがコラボしスペシャルメニューを発売

Migosが今アメリカで話題沸騰中のハンバーガーチェーンPopeyes、そしてUber Eatsとコラボし、Migos メニューならぬスペシャルメニューを発売。Popeyesは今年、新商品であるチキンサンドウィッチを発売した際にWendy’sやChick-fil-A、Shake Shackなどの大手...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。