脳腫瘍で倒れるも復活を期するDJ、行松陽介の音楽活動を支援するクラウドファンディング

大阪を拠点に活動し、昨年はBlack Smoker RecordsからMIX CDをリリースしたDJ 行松陽介。彼は昨年2016年7月に脳に腫瘍がある事が判明し、それ以降入院・手術を行い治療に専念してきた。彼は手術による腫瘍の摘出を受けたが、腫瘍の一部が脳の神経回路に入っていたため、抗がん剤と放射線による治療に切り替え、維持治療を継続している。

_DSC4807

_DSC4839

脳腫瘍発覚後は仕事を辞め、治療と音楽活動に専念。入院中も医師の許可を取り、DJでの出演、イベントを開催してきた。先週東京Contactで開催されたフェスNew Assembly Tokyoでも、クラウドを行松陽介の世界に引き込んでいた。行松陽介本人も「しっかり用意ができて、満足行くDJが出来た」と語っていた。

しかしながら、激務が続いていた職を辞して、抗がん剤治療を行いながらDJとして独り立ちするのは常人外れた行松陽介と言えども難しいだろう。

_DSC4707

そこで行松陽介のDJ活動と制作活動を支援するクラウドファンディングのプロジェクトがスタートした。そのプロジェクト公開後、わずか1日で目標金額を達成し、まだなお支援が集まっている。

_DSC4573

リターンにはお礼のお手紙というのが行松陽介らしい。「高い手紙ですいません。4月中には皆さんの手元に届くように発送させて頂きます」とのこと。

クラウドファンディングサイトはこちらから。

手術跡が残る行松陽介のインタビューとフォトは以下のリンクから。

RELATED

渋谷 ハチ公前で参議院選挙投票日の7/21に「年金」をテーマにしたレイヴパーティーが開催

参議院選挙投票日の当日である7/21(日)に東京・渋谷ハチ公前広場で「年金」をテーマにしたレイヴパーティーが開催される。

写真家・山谷佑介によるパーティーが開催決定 | RIKI HIDAKA、MOODMAN、行松陽介も出演

写真とライブパフォーマンスが融合したセルフポートレート作品『Doors』で今秋EUツアーを敢行予定の写真家・山谷佑介。彼の代表的なアブストラクト作品『ground』の生誕地である、WWWβにてEUツアー前の日本最終上演が急遽決定した。

Mari SakuraiとMayurashkaによるパーティ『KRUE』がスタート

Mari SakuraiとMayurashkaによるパーティ“KREW”がWWWβにてスタートする。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。