韓国のシンセ・ポップアーティストNeon Bunnyの初来日公演が決定

2011年にデビューした韓国・ソウル発のシンセ・ポップアーティストNeon BunnyがニューアルバムStay Gold』のリリースを記念し初来日公演を行う。

Neon Bunny
Neon Bunny

Neon Bunnyは世界中のメディアでこれまでも多く取り上げられるなど、メランコリックなメロウサウンドと、儚いボーカルで高い評価を受けている。これまでにアルバム『Seoulight』とEP『Happy Ending』をリリース、新作『Stay Gold』からのシングル"It’s You"もロングヒットとなっている。アルバムにはだMark Redito (fka; Spazzkid)と再びタッグを組んだ"Room314"、ジャズスタンダート"Manhattan"にインスパイアされたという極上のオリエンタル・ダウンテンポ"Romance in Seoul"を収録している。

 

 

SubmerseやCuusheも出演し3/5にCircus Tokyoで開催される初来日公演では、K-POPシーンとは異なるオルタナティヴな韓国発のサウンドを発信する。

Info

■ Neon Bunny『Stay Gold』Release Party

2017年3月5日(日)
会場:CIRCUS (渋谷区渋谷3-26-16第5叶ビル1F/ B1F) 
開場:18:00
前売 2,500yen / 当日 3,000yen(+1D) 

LIVE:
Neon Bunny / Submerse / Cuushe

チケット取扱:
チケットぴあ P-CODE(323194)
ローソンチケット L-CODE(76641)
e+(イープラス)
Peatix

Release Info

Neon Bunny

■ Neon BunnyStay Gold
タイトル:Stay Gold
アーティスト:NEON BUNNY
発売日:2017年1月18日
CAT#: FLAUR28

tracklist:

01. Romance in Seoul 
02. Forest of Skyscrapers
03. Room314 Feat.Mark Redito
04. All i want is you
05. It's you
06. Ai
07. Bugaksanlo
08. New Moon
09. Don't forget me
10. Blue (bonus track)
■ リリース詳細:

related

中目黒solfaで現場+配信で開催されるパーティーシリーズ『PLAY IT LOUD AGAIN』が開催 | Aru-2、BUDAMUNK、DJ QUIETSTORM、SEX山口、submerseなども出演

東京・中目黒solfaの営業再開と共にお披露目された同じ中目黒に店を構える. . . . .Research GENERAL
STOREとのコラボTシャツ。そのTシャツに綴られていた「PLAY IT LOUD AGAIN」をテーマにした現場+配信でのパーティーシリーズが7/1(水)から10日間連続で...

【特集】Diaspora Skateboards 『SYMBIOSIS』|結成10周年、仲間達と作り上げた集大成

結成10年を迎えるDiaspora skateboardsの、アーティストと築き上げてきた関係性が垣間見えるインタビューとなっており、イベントに足を運ぶ前に一読して置くと、よりイベントを楽しむことができるので是非チェックして欲しい。

Diaspora skateboardsがAWAでプレイリストを公開 | スケートビデオ『SYMBIOSIS』に使用されるRLP & Submerseによる楽曲がAWAで独占配信開始

東京を中心に活動するスケートレーベルDiaspora skateboardsが、AWAでプレイリスト『Music for SKATE AND CREATE.』を公開した。アートワークは、Diaspora skateboardsがこのプレイリストのためにデザインしたものとなっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。