モダンなR&Bとソウルの調和 | John Milkによるアルバム『Paris Show Some Love』

ソウルやモダンなR&Bを調和させたサウンドで高い人気をほこるフランスのシンガーでプロデューサーのJohn Milkがニューアルバム『Paris Show Some Love』を完成させた。

John Milkはこれまでシンガーまたプロデューサーとして、Mr PresidentやBlundettoといったアーティストとコラボを行ってきたが、ニューアルバム『Paris Show Some Love』では新たな境地に到達している。

John Milk

Tascamのオープンリールデッキによるライヴレコーディング、ビートメイキングの導入、また多数の機材、サンプラーやキーボードを用い、新たなサウンドを作り上げた。

タイトル『Paris Show Some Love』は、パリ市内で起きたテロにより多数の死傷者が出たあの悲惨な夜に捧げられており、そのような悲惨さを乗り越える暖かいソウルフルなサウンドで、新しいパリのサウンドを掲示している。

 

John Milkのアルバム『Paris Show Some Love』は3/30にリリースされる。

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。