Frank Oceanがグラミー賞プロデューサーからの批判に応答。「グラミー賞はいいTV番組ではない」

明日開催されるグラミー賞授賞式を巡って、思わぬところで場外乱闘が起きている。対決しているのは今年のグラミー賞候補にわざと自身の作品が選出されないようにしたFrank Oceanとグラミー賞の運営サイドだ。

事の発端はグラミー賞のプロデューサーであるKen EhrlichとDavid WildがRolling Stoneのインタビューに登場し、2013年の授賞式のFrank Oceanのパフォーマンスを「あれはいいTVパフォーマンスではなかった」と批判したことから始まる。

それに対してFrank Oceanは自身の唯一のSNSであるTumblrページを更新、確かに自身の2013年のパフォーマンスは良くなかったと認めつつ、グラミー賞自体がいいTV番組ではないと強烈な批判を返した。Oceanはその理由として昨年のベストアルバムにTaylor Swiftの『1989』がKendrick Lamarの『To Pimp A Butterfly』を押しのけて受賞したことをあげている。Oceanはそれを「これまで僕が見てきた中で最も間違ったTVの瞬間だった」と振り返っている。Oceanはグラミー賞の選考基準に文化的なバイアスがかかっていることも指摘、そうした偏見によりダメージを受ける人のために全力を尽くすとも明かしている。

Oceanは最初は今年のグラミー賞には実際は参加して故Princeに捧げるパフォーマンスを行いたかったとも書きつつ、実際にPrinceの栄光に捧げられるのは自分自身のベストを尽くすことで、TV番組で受賞することは成功ではないと考え直したと、強烈な一撃を放っている。Frank Oceanのグラミー側への投稿全文はこちらから。

Frank Ocean不在のグラミー賞は明日早朝放送される。

 

related

【特集】「私と『Blonde』」vol.2|「自己」の多層性を開ける

Frank Oceanが2016年8月20日にリリースした歴史的名作『Blonde』から、今年で早5年。多くのリスナーに衝撃をもって迎えられた同作は、現在に至るまで様々な分野のアーティストに絶大な影響を与え続けている。

【特集】「私と『Blonde』」vol.1|butasakuによる往復書簡

Frank Oceanが2016年8月20日にリリースした歴史的名作『Blonde』から、今年で早5年。多くのリスナーに衝撃をもって迎えられた同作は、現在に至るまで様々な分野のアーティストに絶大な影響を与え続けている。

2021年グラミー賞の受賞者が発表|Megan Thee Stallionが最優秀新人賞、H.E.R.が最優秀楽曲賞を受賞

今年もいよいよ幕を開けたグラミー賞の授賞式。以前よりそのノミネーションが批判の対象となり、The weekndがボイコットを表明するなど例年と比べ波乱の展開を見せた今年のグラミー賞だが、その受賞者が発表となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。