空間現代が闘病中のECDとのライブアルバム『Live at Waseda 2010』をドネーションとして発表

京都に拠点を移して活動するバンド空間現代が、現在ガンで闘病を続けるECDを支援するためのドネーションアルバムを発売した。

このアルバムは2010年に早稲田大学の学園祭早稲田祭で行われたECDと空間現代のコラボライブ音源を収録している。

bandcampにてデータ販売を行うとともに、空間現代のライブ会場および空間現代が運営するライブハウス「外」にてCD-Rでも販売予定。制作費を除いた売上の全額をECDに寄付する。

当日のライブの一部の模様がYoutubeにアップされている。

 

Info

ECD

アーティスト:ECD+空間現代
アルバム・タイトル:『Live at Waseda 2010』

価格:1,000円(税込)
発売日:2017年2月8日
フォーマット:bandcampにてデータ販売、今後ライブ会場にてCDRでも販売を予定

1. トニー・モンタナ + 関係ねーっ! × 通過
2. I Can't Go For That + Born To スルー × 痛い
3. ECDECADE + 天国ROCK × まだ今日
4. Rock In My Pocket + 地球ゴマ × 少し違う

○収録日
2010年11月7日(日)
《早稲田祭Live》
会場:早稲田大学早稲田キャンパス7号館218教室
企画者 小林伸太郎/録音 住野貴秋/PA 宋基文

○マスタリング:noguchi taoru
○ジャケットデザイン:古谷野慶輔

related

ECDが2014年に発表したアルバム『FJCD-015』の収録曲"ECDのジャスト ア フレンド"のミュージックビデオが3回目の命日に合わせ公開

2018年1月に亡くなったECDが2014年に発表した通算16枚目となるアルバム『FJCD-015』に収録されている"ECDのジャスト ア フレンド"のミュージックビデオが、3回目の命日に合わせ公開された。

空間現代、食品まつり a.k.a foodman、Ramza、Free Babyronia、whatman、Campanella & shobbieconzが出演するイベント『RAMPAGE』が名古屋で開催

12/20(日)に名古屋のLive&Lounge Vioでイベント『RAMPAGE』が開催される。

故ECDが自身のレーベルFINAL JUNKYからリリースした9作品がSpotifyやAWAなどで解禁

2018年に亡くなったECDが自身のレーベルであるFINAL JUNKYからリリースしたオリジナルアルバム9タイトルが、SpotifyやAWAなどこれまで未解禁だったストリーミングサービスでも解禁となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。