ホテルの地下室で発見されたボブ・マーリーのライブ録音テープが修復される

西ロンドンのホテルの地下室からボブ・マーリーのライブ録音のテープリールが発見され、修復・復元された。

ホテルの地下室から発見されたのは13本のアナログ・テープ。ボブ・マーリーとウェイラーズのメンバは1970年代に行ったヨーロッパツアーの際にこのホテルに滞在していた。そのテープは水によるダメージがひどく再生することはできないと考えられてきた。

サウンド技師のMartin Nicholsによる12ヶ月間の修復期間を経て、また人を「ぞくぞくさせる」ような音楽を伝えてくれるようになったのこと。

テープにはボブ・マーリーがロンドン市内で行った公演とパリの公演が録音されていた。ちなみに当時UKに唯一あった24トラックでライブ録音できるスタジオ車をローリング・ストーンズからレンタルして録音されていたという。

13本のうち10本は修復され、2本はダメージが酷く修復できなかった。1本は空のテープだったのことだ。

related

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの名盤『エクソダス』の40周年記念盤がリリース

1977年に発売されたボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの金字塔的作品『エクソダス』が、『エクソダス40』(原題:EXODUS 40 - THE MOVEMENT CONTINUES)として6月に発売される。

ボブ・マーリーが設立したTuff Gong Internationalが再始動! ジャマイカでレコード生産が再びスタートする

Bob Marleyが1965年に設立したレーベルでありスタジオTuff Gong InternationalがアメリカのSunpress Vinyl社の協力を得て、再始動する。これは、数年間の空白期間を経て、ジャマイカでのレコードプレス業が再始動することを意味する。

SnapchatのBob Marleyフィルタが人種差別的として炎上

Bob Marleyフィルターはレイシズム的か

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。