福岡からの新たなムーブメントYELLADIGOSのミックステープ『BLACK OCEAN』

FNMNLの2017年の注目ラッパーとしても紹介した福岡のYELLADIGOSがミックステープ『BLACK OCEAN』をリリースした。

YELLADIGOSはラッパーのPEAVIS、RIO、BASHI THE BRIDGEの3人、DJのKENBEAT、ビートメーカーのFOG、そしてアートワークを担当するJETERの6人で2015年に結成された。

グループ名のYELLADIGOSは「黄色い肌のインディゴチルドレンと言う意味で、全員が真実に目を向け、個性が尊重される平和な世界に向かう為にartで一つになろうという思想」を共有したグループだという。

10曲を収録した『BLACK OCEAN』は、結成当初の2015年の曲と最近の曲をバランスよく収録していて、ビートメーカーとして参加しているOMSBやLIl'Yukichiについては、「OMSB君のビートはこの作品の色と合っていて、『BLACK OCEAN』の中でも一番黒光りして際立っています。LIl'Yukichiはバウンシーなトラップが欲しくて頼みました。新たなflowを引き出されました」という。

今作はオーセンティックでタフなヒップホップから、クールでソリッドなトラップまで収録、こうした荒削りともいえる幅の広さは彼らの魅力の1つであるというだろう。「世界の闇や内面のダークサイドを芸術として表現して、その作品をインターネット = 電脳世界の中にボムすると言うテーマ」で作られた10曲はAudiomackでダウンロードできる。新しいビデオや次の作品も春から夏に出る予定というYELLADIGOSの次の動きを楽しみに待ちたい。

related

YELLADIGOSのPEAVISとBASHI THE BRIDGEによるラテンタッチな"WE FOUND ANGEL"のミュージックビデオ

以前FNMNLでも取り上げた福岡を拠点とするクルーYELLADIGOSのメンバーである、PEAVISとBASHI THE BRIDGEによる新曲"WE FOUND ANGEL"のミュージックビデオが公開となった。

2017 Rappers to Watch Vol.1 日本編

昨年も多くの新星アーティストが登場した音楽シーン。今年もこれまで知られていなかった多くの新人アーティストの曲を聴けると思うと、ワクワクが止まらない。でもどの新人を聴けばいいのか、わからない人もたくさんいるはず!ということでFNMNLがおすすめする新人をラッパーに限定して紹介します!こちらは、まず日本編。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。