広がり続けるボクシングブーム。今度はKodak BlackがLil Wayneに宣戦布告

Soulja BoyとChris Brownのビーフは、最終的になぜか2人がボクシングで試合をすることで、フロイド・メイウェザーとマイク・タイソンという新旧ボクシング世界チャンピオンも巻き込み話が大きな方向に進んでいる。そしてその話に乗っかり、21 Savageのコピーラッパーの22 Savageが「21 Savageにノックアウトされたら改名する」と勝手に宣言するなど、ラップシーンはにわかにボクシングブームの様相を呈している。

そしてそのブーム(?)に新たに乗ったのが、マイアミの新星ラッパーKodak Blackだ。Kodakが相手として宣戦布告したのはLil Wayneだ。

Kodak Blackは現在は削除してしまったInstagramの投稿で、「Lil Wayneに告ぐ、おれと戦え」と宣戦布告し、「おれたちはリングに上がって、戦うんだ。それで最終的にはおれがノックアウトするよ」と自信満々に語っている。

もしLil WayneがKodak Blackに勝ったとしたら「奴がベストのラッパーということだよ」となぜかボクシングではなくラッパーとして認めるという旨の発言もしている。

これは以前KodakがLil Wayneではなく自分がベストのラッパーだと発言をしていることを翻すということだろう。

Lil Wayneは現時点ではなんのリアクションもしていない。

Kodakの宣戦布告動画はComplexで見ることができる。

related

Lil Yachtyがトランプ大統領にKodak Blackを釈放するよう要求

2019年に銃器所持の罪によって3年10ヶ月の服役を課されたKodak Black。以来今年に至るまで収監され続けている彼のために、Lil Yachtyが立ち上がったようだ。

Lil Wayneがトランプ大統領と面会|選挙公約「プラチナプラン」への支持を表明

アメリカ大統領選が目前に迫る現在、ヒップホップアーティストとトランプ現大統領との接近が次々と報じられ衝撃を与えている。先日はIce Cubeがトランプ陣営と面会していたほか、50 CentやLil Pumpといったラッパーがトランプ支持を表明していることも話題を呼んだ。そんな中、Lil Wayneがトランプ大統領と面会を行ったことが報じられている。

Lil WayneがWheezyのプロデューサータグ「Wheezy Outta Here」を「Futureが俺をシャウトアウトしてくれてる」と勘違いしていたと明かす

Lil BabyやMeek Millなどの楽曲を手掛けていることで知られるアトランタのプロデューサーWheezy。そんな彼のプロデューサータグ「Wheezy Outta Here」について、Lil Wayneがとある勘違いをしていたことが話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。