静養していたKanye WestはYeezyの新作コレクションの制作に夢中

11月末の入院騒動以来、鳴りを潜めていたKanye Westだが先日のドナルド・トランプ新大統領の訪問を皮切りに、徐々に活動を再開しているようだ。現在KanyeはYeezyの新しいコレクションの制作に夢中になっているとPage Sixが報じている。

Page SixにはKanyeの関係者筋のコメントが掲載されている。それによると「Kanyeの体調は問題ないようで、以前より会議や取り組む作品の数なども少なくし、より休息を重視したスケジュールとなっている」とのことだ。

その中でもKanyeにとってもっとも重要視している仕事がYeezyの5回目となるコレクションであり、さらに関係者によればKanyeは新たに別のファッションラインの展開も検討しているという。

2月にあるNYファッションウィークでKanyeがYeezyの新作コレクションを発表するかどうかは現時点では不透明だが、まずは自身の体調回復に専念してほしいところだ。

Via Page Six

related

【レビュー】Kanye West 『DONDA』|ゴスペルの完成または..

度重なるプレリリースイベントを経て、Kanye Westが8月末にリリースした新作『DONDA』。Kanyeが最も愛した実母の名前を冠したこのアルバムは、幾度となくリリース予告がされていたこともあり重要な作品と目されており、リリースと同時に大きな反響を呼び、久しぶりの商業的な成功を彼に与えることに...

Kanye WestとGAPによるYEEZY GAPのラウンドジャケットの先行予約がスタート

Kanye WestとGAPによる話題のプロジェクトYEEZY GAPから、目玉アイテムとして発売前から話題になっていたラウンドジャケットのブラックの先行予約がスタートした。

Kanye WestのドキュメンタリーがNetflixに3000万ドルで購入される

アルバム『JESUS IS KING』以降まとまったリリースは無いながらも、昨年の大統領選やKim Kardashianとの離婚、GAPとのコラボレーションなど何かと話題の尽きないKanye West。そんな彼のドキュメンタリーが、Netflixに高額で買収されたことが報じられている。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。