UKのアナログ・レコード専門メディアによる世界の名レコード店50選 | 日本からはディスクユニオン渋谷店とDub Store Recordが選出

英アナログ・レコード専門メディアVinyl Factoryがニューデリーからサンパウロまで、世界中にある名レコード店を50をリストアップした。日本のレコード店、ディスクユニオン渋谷店とDub Store Recordがリストの中に入っている。画像の数字は紹介された順番でランクではない。

1. Hard Wax, Berlin
NewImage
Contact: www.hardwax.com

2. Rough Trade West, London
NewImage
Contact: www.roughtrade.com

3. Dusty Groove, Chicago
NewImage
Contact: www.dustygroove.com

4. New Gramophone House, New Delhi
NewImage
Contact: www.ngh.co.in

6. Disk Union Shibuya, Tokyo
NewImage
Contact: www.diskunion.net

7. Rockers International, Kingston
NewImage
Contact: Facebook

15. Dub Store Record Mart, Tokyo
NewImage
Contact: www.dubstore.co.jp

次の旅行の行き先を決める前にチェックしてみてはいかがだろうか?

50のリストはこちらのリンクから。

related

レコードの売り上げが1986年以来初めてCDの売り上げを超える可能性が浮上

音楽を聴く媒体は時代によって変化してゆくもの。LPからカセットテープ、MD、CDなど様々なフォーマットに続いてストリーミングサービスが主流となった昨今だが、やはりレコードは根強い人気を誇っているようだ。

実際に音楽を奏でるチョコレートでできたアナログ・レコード

フランスの芸術家Julia Drouhinがチョコレートでアナログ・レコードを作った。問題なく再生できて、問題なく食べることもできるそうだ。

VRの仮想現実世界でDJをできるアプリ『Vinyl Reality』が登場

世界で初めて、VRを使用し仮想世界でDJができるアプリが登場した。VRを装着し、コントローラーを用いて、仮想現実の中で実際にDJができるようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。