マーティン・スコセッシ監督の最新作『The Devil in the White City』にレオナルド・ディカプリオが主演

マーティン・スコセッシ監督の新作『The Devil in the White City』にレオナルド・ディカプリオが主演する。スコセッシとディカプリオのタッグは2013年の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』以来となる。

スコセッシの最新作『The Devil in the White City』の名前はErik Larsonの2003年の小説から名付けられている。同作の内容は1893年のシカゴを舞台にデザイナーで建築家のDaniel H.Burnhamと医者でありながらシリアルキラーと呼ばれたDr.H.H.Holmesを題材にした実話だ。

スコセッシはThe Toronto Sunのインタビューで『The Devil in the White City』について「半年間の沈黙の理由の一つは台本のミーティングの為だ。もし何か打開策があったら、彼らは私に1月から再開させたいと思っているけど。だって異常なストーリーなんだから」と製作陣の不和を滲ませ、台本は製作中と明かした。

今回でスコセッシとの共演6回目となり、殺人鬼のDr.H.H.Holmesを演じるディカプリオは同インタビューでスコセッシについて「僕たちはすごく近い関係で、一緒にいるのが好きなんだ。」と語り、映画や人生のビジョンを共有していると明かした。(野口耕一)

Via HYPEBEAST

 

related

『mid90s ミッドナインティーズ』が国内でも大ヒットで公開劇場が拡大 | メイキング映像も解禁

ジョナ・ヒルの初監督作品『mid90s ミッドナインティーズ』が、メイン館である渋谷シネクイントや新宿ピカデリーではでは満席回が続出となり、大ヒットとなっている。興行収入は5,500万円となり9/25(金)から全国38館に拡大公開が決定した。

パリのセレクトショップCOLETTEの最後の日々を追ったドキュメンタリー映画が公開|Kanye WestやPharrell Williams、Futura 2000も出演

2017年12月に惜しまれつつ閉店を迎えたパリの伝説的なセレクトショップ『COLETTE(コレット)』の、閉店までの日々を追ったドキュメンタリー『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』の日本公開が9月26日(土)に決定した。

ソフィア・コッポラの最新作『オン・ザ・ロック』の公開を記念して35mmフィルムで『ヴァージン・スーサイズ』と『ロスト・イン・トランスレーション』を上映

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務め、Apple Original FilmsとA24が製作を手掛けるコメディ映画『オン・ザ・ロック』の公開を記念して、池袋・新文芸坐で10/9(金)から3日間限定で『ヴァージン・スーサイズ』と『ロスト・イン・トランスレーション』を35mmフィルムで上映する。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。