2016 Best Or Worst by 荒井優作

いよいよ2016年も残す所、12月を残すのみ。今年も様々な作品の話題や、トピック、ムーブメントが起きては過ぎ去り、慌ただしい日々を過ごしていたという人も多いはず。そんな2016年をFNMNLなりに振り返る企画「2016 Best or Worst』がスタート。様々なジャンルで活躍する方々に、今年の個人的なベストもしくはワースト、もしくは両方をあげてもらった。こちらは東京在住神奈川出身のアーティストで様々なジャンルで活動を続ける、荒井優作による2016年のベスト。

2016 Best by 荒井優作

Sean McCann – 『Music for Public Ensemble』

荒井優作

コメント

日常とシームレスに鳴っていながらも、能動的に"聴こう"と思わせてくれるような、とても洗練された作品だと思います。(荒井優作)

来年に向けての告知など

レコードが出ます。

プロフィール

Yusaku Arai

荒井優作

東京在住神奈川出身

https://soundcloud.com/yusakuarai

related

butajiと荒井優作による新ユニットbutasakuがデビューシングル“picture”をリリース

シンガーソングライターbutajiとトラックメイカーの荒井優作による新ユニットbutasakuが初のシングルとなる“picture”を本日リリースした。

DEKISHIのアルバム『CULT』を荒井優作がリミックスしたアルバム『CULT 2.0』がリリース決定

粗悪興業の一員であるラッパーDEKISHIが昨年末にリリースしたアルバム『CULT』の、荒井優作によるリミックスアルバム『CULT 2.0』がリリース。それに先駆け、同作から"Matrix"、"Skyline"の2曲が本日先行リリースとなった。

京都の古着屋OASIS 2のポップアップ『Faded Yah Man』が代々木のギャラリーTOHにて開催中 | 会期中は毎日イベントを開催

京都の古着屋OASIS 2が、小松千倫と荒井優作のサポートによりポップアップストア/パーティー『Faded Yah Man』を代々木のギャラリーTOHにて4月17日から24日までの一週間開催中だ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。