日本人プロデューサーのstarRoが、グラミー賞のリミックス部門にノミネート

来年2月に授賞式が開催される第59回グラミー賞のノミネートが発表された。日本人プロデューサーのstarRoがリミックスした楽曲が、Best Remixed Recording部門にノミネートされた。

横浜出身で現在はLA在住の、DJでプロデューサーのstarRoは、2013年にリリースしたJanet Jacksonのリミックスをきっかけに、現在のビートシーンのトレンドをリードするレーベル/コレクティブのSoulectionからリリースを開始。

今回のグラミー賞でノミネートされたのは、The Silver Lake Chorusの楽曲をリミックス“Heavy Star Movin’ (staRo Remix)”が評価されてのこと。

第59回グラミー賞授賞式は2017/2/12に開催される。

アルバムリリースに先駆けてFNMNLではstarRoにインタビューを行っているのでチェックしてみてほしい。

related

G.RINAが6月にニューアルバム『Tolerance』をリリース|鎮座DOPENESSやZEN-LA-ROCK、BIM、NENE、starRoなどが参加

G.RINAが、『LIVE & LEARN』からおよそ4年振りとなる6月23日に、ニューアルバム『Tolerance』をリリースする。 先行シングルの”Magnetic, Galactic”を2020年10月、”WHITE NIGHT feat. BIM”を2020年12月、そしてキ...

【イベントレポート】『City Connection』|クリエイティビティが交錯する刺激的な一夜

Manhattan Portageが主催する、都市型音楽プロジェクト『City Connection』。昨年は代官山UNITの3フロアに渡って開催され大盛況を収めた同イベントは、本格的始動を予定していた今年、コロナ渦によって延期が繰り返され、DOMMUNEにて5時間の生配信という形での開催が決定した。本来は配信限定である今回の『City Connection』、幸運にも現場に参加することが出来たFNMNLでは、熱気あふれる5時間の模様を写真とレポートでお届けする。

グラミー最優秀ラップアルバム賞を受賞したTyler, The Creatorがカテゴリー分けへの疑問を呈す

昨日開催された2020年グラミー賞授賞式にて、アルバム『IGOR』で最優秀ラップアルバム賞を受賞したTyler, The Creator。エキシビションでの圧倒的なパフォーマンスも話題となっている彼が、グラミー賞の選考や音楽ジャンルの分け方に対する持論を語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。