注目を集めるUK・Blackpoolのグライムシーン・ドキュメンタリー

誰もが予期しなかったグライムシーンが今、グライムファンたちの間で話題になっている。Noiseyがドキュメンタリーを制作。場所はUK北部の観光地として有名なBlackpool。

Blackpoolはマンチェスターやリバプールの近くにある、海沿いの観光地として有名な場所だ。イギリスの労働者階級のお気に入りの観光地として知られる。

スクリーンショット 2016-12-03 20.10.22

その地方都市のBlackpoolにユニークなグライムシーンが生まれている。若いキッズたちがグライムのビートでグライムのフリースタイルし、お互いにディスりあっている。それらを撮影した動画がYoutubeに多数投稿されていることを音楽ファンたちが発見。

メディアVICEの音楽部門であるNoiseyがそれについてドキュメンタリーを制作した。

学校でいじめられ、差別を受けていたMCのAfgan Danや12歳のラッパーLittle TもそのBlackpoolのグライムシーンの一人。12歳の白人のキッズであるLittle Tもハードなラップを披露する。しかし彼はラップの中でN-wordを使用。クルーはどのような影響で彼がタフなラップを行うようになったか調査。

ラッパーのSOPH ASPINとLittle Tのハードなディスの送り合いはBlackpookシーンを有名にしてきた。Little TとSOPH ASPINはこれでもかというほど汚い言葉で罵り合う。SOPH ASPINの息子がSOPH ASPINのリリックを歌うシーンは衝撃的でもある。

Little Tが彼女の母親を"deaf"と呼び、SOPHがLittle Tの母親を侮蔑したりして、両者のビーフはエスカレートしていった。

そして初めてのグライムがイベントがBlackpoolで開催され、Little TとSOPH ASPINが顔を合わせる…。

ドキュメンタリーは以下のプレイヤーから。

RELATED

『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』|大麻と音楽や人種差別の歴史、そして合法化の先を描くドキュメンタリー

先日4月20日、Netflixにてドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』の配信が開始された。このドキュメンタリーはヒップホップレジェンドであるFab 5 Freddyが監督と案内人を務め、アメリカにおける大麻の過去と現在を紐解いていくものである。

伝説的なプロデューサーRick Rubinの制作プロセスにフォーカスしたドキュメンタリーが今年公開予定

伝説の音楽プロデューサーRick Rubinのドキュメンタリー番組が、アメリカのテレビ局『Showtime』で今年下旬に公開予定だそうだ。監督はオスカー賞やエミー賞などをはじめとした数々の賞を受賞しているMorgan Nevilleが務める。

YouTubeで規制されたUKドリルミュージックのビデオがアダルトサイトPornhubに投稿され始める

暴力や殺人をテーマとするギャングスタヒップホップのジャンル、UKドリルシーンのミュージックビデオ30本がYouTubeから削除されたというニュースが先日報道された。様々な動画投稿サイトで規制されたUKドリルは、代わりに規制のゆるいアダルト動画サイト『PornHub』に次々と投稿され始めたとのこと。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。