BurialがHyperdubからリリースする予定のレコードをトロントのレコード屋が誤ってリリース日より前に販売してしまう痛恨のミス

BurialがHyperdubからリリースする予定だった12インチレコードをカナダ・トロントのレコードショップが誤って販売してしまったことが明らかになった。誰も本当の姿を見たことがないとされる謎のプロデューサーBurialは新曲“Young Death”、“Nightmarket”を収録した12インチレコードをHyperdubから11/30にリリースする予定だった。しかしトロントのSonic Boom Recordsはこのレコードをブラックフライデーのセール中に誤って5枚販売してしまった。

Pitchforkによるとレコードは、「Artist/Titile」というラベルが付けられてショップに配達され、販売してはいけないという印などはなかったということだ。

バイヤーのBlair WhatmoreはPitchforkの取材に対して「Hyperdubはこのミスを快く思っていない」と答えた。

このレコードは早速レコード売買サイトDiscogsに登録されており、品番はHDB100とされている。

BurialがHyperdubからソロ作品をリリースするのは2013年の"Rival Dealer"以来となるとのこと。サプライズの予定が台無しになってしまったようだ。

via Pitchfork

related

THE NORTH FACE STANDARDからレコードバッグの新型が登場

THE NORTH FACE STANDARDから、オリジナルレコードバッグの新型BC CRATES 12と、BC CRATES 7が、8月23日(月)より発売される。

ウルフパックジャパンがレコードプレスをより身近にする新プランをスタート

メジャーレーベルのプレスも引き受ける欧州最大のレコード工場GZ Mediaの正規代理店であるウルフパックジャパンが、お得な新プランを先週からスタートさせた。

WWWのレジデントシリーズ『Local World』でHyperdubの15周年パーティーが開催

2001年にウェブ・マガジンとしてKode9により始まり、2004年にレーベルとして立ち上げられたUKの革新の旗手Hyperdubの15周年パーティーが、WWWのレジデントシリーズ『Local World』として12/7(土)に開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。