フォト&インタビュー | イ・ラン 「このピアスは乳首」「私はドラァグクイーンの時はイザベル」「あなたも香水つけてデモに行く?」

Interview and Photography by Jun Yokoyama / 取材協力: SWEET DREAMS PRESSIRA

ヤマガタ・トゥイークスターのダンサーとして、そしてソウル・ホンデシーンを代表するシンガーソングライター/映像作家、文筆家、イラストレーターとして活躍するイ・ランはただいま柴田聡子と共に日本をツアー中だ。

イ・ランは2012年のデビューアルバム『ヨンヨンスン』以来4年ぶりのフルアルバム『神様ごっこ』をバンドスタイルで制作。韓国ではDLコード付きのエッセイブックレットとして7月に韓国でリリースされ、日本ではCDと日本語訳化された小冊子として9月に発売された。

レコーディングは、チェロ奏者のイ・ヘジ、ドラムスに404(サーコンサー)のチョ・インチョル、 さらにソリミュージアムのイ・デボンやソンキョルのキム・ギョンモを迎えてスタジオではなくソウル・ホンデの雨乃日珈琲店で行われた。独特の音響を感じられる作品となっている。

70ページのブックレットには日本語訳された歌詞とエッセイを収録。歌詞にまつわる「ヘル朝鮮」の話や、自身のトラウマや、悲しい出来事。そしてその感情を笑い飛ばそうとするイ・ランが、どのようにこのアルバムを作り上げてきたのかという足跡が赤裸々に綴られている。

VICECDジャーナルでのインタビューでイ・ランが答えたように、本作は「ヘル朝鮮」という「韓国は文化がすぐになくなったり、自殺しちゃうのに、みんなアイドルを見て楽しんでる」そんな辛い社会の中で、イ・ランはその辛さに押しつぶされそうになりながらも、作品の中でその辛さはどこから来て、どこへ行くのかを探しに出る旅路を歌い、そしてあっけらかんとユーモアに笑い飛ばす。

柴田聡子とのランナウェイツアー直前、イ・ランが「日本の社長さん」と呼ぶSWEET DREAMS PRESSの福田さんを同席して、イ・ランにインタビューという名目で彼女に最近あった出来事などおしゃべりした。写真はIRAでの投げ銭ライブの様子。

---
韓国の大統領やめろ〜!っていうデモにイ・ランが友達と撮ってた写真かっこよかったね。

HAYA!!!!

A photo posted by Lang Lee / イ・ラン (@langleeschool) on

HAYA NIGHT Ver.

A photo posted by Lang Lee / イ・ラン (@langleeschool) on

ピアスもかっこいいけど、あれは土星?何?

イ・ラン - あれは一緒にデモに行った友達が作った乳首のピアス。

乳首?

イ・ラン - そう。彼女は6.9センチの栓抜きとかを作ってるアーティスト。知ってる?韓国の男性のペニスの平均サイズ。6.9センチ。

スクリーンショット 2016 11 27 16 39 38
from http://seoul-metal.kr/

(韓国のフェミニストの間で、男性のペニスのサイズ「6.9センチ」というのは超重要キーワード。女性差別、ミソジニーに対抗するために6.9という数字をさまざまなデザインやネーミングに流用している)

イ・ラン - 土曜日に韓国では大きなデモがある。高校生がテスト終わってからみんな来るから一番大きなのになると思う。私もタワーレコードのインストアがあるから、行けないけど…。本当はデモに行きたい。

デモにそんなに行きたいの?

イ・ラン - デモめっちゃたのしぃ〜。みんなフラッグとか作ってー。自分が言いたいこと、意味の無いことととかフラッグに書いてる。「虫研究会」とか。笑 自分のTwitterのアカウントとか書いたフラッグ。笑

イ・ランが大好きな、ヤマガタ・トゥイークスターがデモの会場でダンスしてたのにダンサーとして呼んでもらえなかったんでしょう?

イ・ラン - だからハンバッ(ヤマガタ・トゥイークスター)さん怒ってメッセージしたら、じゃあ次は一緒に踊りましょって言ってくれたんだけど、今は私は日本で。

去年日本でも数十万人のデモがあったけど、韓国は100万人ってすごいよね。

イ・ラン - 光化門(クァンファムン)っていう、大統領が住んでるところの一番近い街でやってる。大統領に聞こえるようにフェスみたいな。有名な歌手が出てきたりとか。普通にフェスティバル。

K-POPのアイドルとか来ないの?

イ・ラン - こないよ〜笑 アイドルぜんぜん来ないよ。なんで来ないんだろう。デモと同じ時間にアイドルのメンバーがパーティの写真をInstagramにアップしてて、みんな「何してんの、、、。」ってなった。笑

ラッパーとかパンクとかはライブの時はメッセージ強いけど、デモ来ないね笑 家とかライブハウスとかだけで。笑 その時間にライブしたりしてるからね。

けど、人が多くて。おじさんが、臭い。近いから。臭い。

やっぱり臭いか〜。デモに化粧して来やがってって、文句言ってくる人に対して、顔洗ってローション付けろって言ってたもんね。私たちは香水付けていい匂いもしてるって。笑

*
タイツの下着で撮ってた写真を見たイ・ランのお母さんが心配してメッセージしてきたそうだけど、結局お母さんにはどうやって返事したの?

イ・ラン - あれは音楽、写真、映像であるがままの女性を描く75Aプロジェクトに参加した時の写真。75A - tumblbug.com/75aっていうのは韓国で一番小さいブラジャーのサイズ。75人のうち1人で参加しました。お母さんは「男のために脱がないで」ってメッセージしてきたけど、そうじゃなくて女の子のために脱いだって言ったら、なんだ、いいじゃんって。笑

Eb8aef4bee0893626cd6f59ec541fdaf89b52a17

*

今回イ・ランがアルバムを出した日本のレーベル、SWEET DREAMS PRESSの福田さんは、イ・ランといつからお知り合いなんですか?

SWEET DREAMS PRESS福田 - 最初はラフくんとパクくんと友達で。イ・ランは日本に来た時はヤマガタと一緒に来たんじゃないかな?(東京・幡ヶ谷)のForest Limitに来た時、のダンサーとして来たんだよね。その時納豆の缶詰くれたんだよね。缶の納豆覚えてない?

(パク・ダハムは韓国のインディーシーンの立役者。ヘリコプターレコーズのボス。映画『パーティ51』でも主要人物として登場)

イ・ラン - ん?あ~~~チョングッチャン!納豆のスープ作るやつ!

福田さん、イ・ランのアルバムの反応はどうですか?

福田 - いやー一番売れてますね。もう最初に作った分の1000枚は手元からはなくなったよ。

イ・ラン - もう追加で作った?

福田 - もうちょっと追加で作ったよ。

イ・ランはスターだね。パク・ダハムかイ・ランだね。笑

イ・ラン - 笑!パク・ダハムは、パク・ダハムは〜、スーパースターだから!!!みんな知ってる。

福田 - ほんと日本の人もみんな知ってるからね。

イ・ラン - 今は中国の人も知ってるから。笑 上海と北京に行ってたから。

今、パク・ダハムは韓国で一番大きなアートブックフェアが始まるから忙しい。ヘリコプター・レコードでカセットテープとかCDとかTシャツとか出すっていってた。東京にも来るよ。

福田 - イ・ランの1stアルバム『ヨンヨンスン』も500枚くらい売れてるよ。韓国から来てまとめて買ってる人もいた。3枚とか。イ・ランさまさまですよ。これでレーベル続けられると思って。笑

イ・ラン - ふくちゃんがんばれー!笑

_DSC9724

アルバム出してから忙しいでしょう?

イ・ラン - 今年はWebドラマ作って。NAVERで。アイドルと。SM EntertainmentのRed Velvetの子と。

韓国は今ショートフィルムとか映画のお金がないから、全部Webドラマになっちゃう。みんなインターネットばっかりみてるから、Webのコンテンツが増えてる。Webドラマ、Webの小説が増えてる。スマホで全部見ちゃうから。そのプロダクションが多い。簡単に作れるから、アイドルとかもスケジュールの合間に出たり。テレビの演技は無理だけど、Webドラマの演技だったら大丈夫みたいな。EXOとかも出てる。

福田 - 神様ごっこ終わった後にたくさんインタビュー受けてたもんね。

DAZEDとかファッション誌なんかでモデルみたいな感じで撮影してたもんね。

イ・ラン - 雑誌の人がレンタル借りてきてくれる。笑 普段着ないのに。

MAX MOVIE

A photo posted by Lang Lee / イ・ラン (@langleeschool) on

오늘은 오늘의 화보를 찍는다

A photo posted by Lang Lee / イ・ラン (@langleeschool) on

イ・ラン - 私、ZARA行きたいんだけど。近い?

近いよ。すぐそこだよ。ソウルにもZARAあるでしょ。何買うの?

イ・ラン - 荷物が多いから。靴が買いたい。

こっちで買うんだ。

イ・ラン - それそれ♪ソウルでチェックしてた。これ買うっていう靴。ふふふ。

おしゃれだね。乳首のピアスもしてるし。笑

_DSC9660

韓国では2010年代からフェミニズムが大きなムーブメントになってるって聞いたけど、やっぱりイ・ランも普段からフェミニズムのことを考えたり行動してるの?

イ・ラン - ミラーリング知ってる?ミソジニー知ってるでしょ?ミラーリングは「男は臭くてダメね」って言うの。そうすると男の人がびっくりするでしょ。ミラーリングすると男の人が何を今までやってきたかを気付くでしょ。

で、その乳首のピアスとかペニスの栓抜きを作った子が、鏡でできたリングを作ろうって言ってて。それで「ミラーリング」。強いフェミニストたちはめっちゃミラーリングする。日本はどうなの?

韓国みたいな現代版のフェミニズムってのは日本でなかなかないかもね。

イ・ラン - 韓国のフェミニストはがーって言うけど、日本は女の子はもっと気持ち出さないから、そこで何が起こったか分かんない。私から見たらセクハラ多い。

柴田聡子ちゃんとも話したけど、日本の男女の友達と遊んだ時「え、それってセクハラじゃないの」って思うことたくさんあったけど、「ははは」って流れちゃうから。

韓国だったら事件になっちゃうと思う。それした人がTwitterでその人を叩いたりすると思うけど、日本だと「ばかーやめてー」みたいな感じで終わりになっちゃうから。

日本の社会に住んでたら、言うとより叩かれたりするから、なかなか言えないんじゃないかな。

韓国は大統領のことも、ミソジニーのこともそうだけどちゃんと言うよね。

イ・ラン - 韓国の男の友達もTwitterとかで「今から勉強します」っていう風になったよね。日本はまだまだ。フェミニストについて日本にはあんまりイメージがないのかもね。

福田 - 日本だとあんまりフェミニストのイメージないっていうか、かたよってるかもね。

イ・ラン - 両性平等がフェミニストのことと思ってやってて。怒ってる人じゃなくて、両性平等を目指す人がフェミニストなのに。

日本だとフェミニストって、女性の方を上にしようとしている人がフェミニストって感じに思われてるのかもね。違うのに。

今はBeyonceとかのアーティストとか女優とかモデルとか、海外の人もTwitterやInstagramとかで発言してるよね。

イ・ラン - 女の子もフェミニストのイメージがないから「イ・ランさんフェミニスト?怖いね」って言われるけど、「両性平等っていいと思わないの?」って聞いて「そう思う」って言ったら、そう「あなたもフェミニスト」だよって。

--

昨日、名古屋のライブ会場で酔ったお客さんと口争いをし、帰りのタクシーで「女性なのに、ヤバい〜なんて言葉遣いはダメだよ」という運転手に「男女平等って知ってる?男の言葉遣い、女の言葉遣いなんてどこにある?人間は同じだよ!」と怒った。日本語ができるようになったら喧嘩ばかりしてる。見えなかったものが見えるようになった。 訳: Ko Younghwa

--

*

아 업무 너무 많다 과로하다 - 이자벨

A photo posted by Lang Lee / イ・ラン (@langleeschool) on

ああ忙しい ― イザベル

そう言えば6月くらいにイ・ラン、ドラァグクイーンの格好してたよね?

イ・ラン - ゲイの友達がいて、クイア・パレードにドラァグクイーンの格好したいけど、怖いって。じゃあヘミ(イ・ランの友人ででツアーメンバー)の周りの友達の女の子たちと、一緒にみんなでしようよって。ソウル・クイア・フェスティバルで。

언니들따라와서 쑈함

A photo posted by Lang Lee / イ・ラン (@langleeschool) on

けど私たちもドラァグクイーンのイメージがないから、勉強しながら練習した。今、ちょっと分かってきた。もともとはその人のために始めた。その人が自信がないから。

もともとドラァグクイーンはゲイとかトランスジェンダーの人がクラブでショーをするためにはじまったけど、その人がゲイじゃなくても自己表現としてやってたりもする。ドラァグクイーンがおもしろいのは、コスプレと違って、もともといるキャラクターを真似するんじゃなくて、自分でオリジナルのキャラを作らないといけない。その名前やバックストーリーとか性格とか。イ・ランなのに私は「イザベル」だけど、イザベルはどこで生まれて、何が好きで、仲良しの人は誰で、っていう。それを演技するのがおもしろい。

안녕 이자벨 다음에 또 만나자

A photo posted by Lang Lee / イ・ラン (@langleeschool) on

こんにちは また会おう ー イザベル

イ・ラン - そのゲイの友達もとってもシャイな感じで「イ・ランちゃん、イ・ランちゃん」な感じなのに、ドラァグクイーンやったら、とってもクールな感じ。「タバコ、吸う?」みたいな。笑

ヘミはずっと続けてやってるよね。

イ・ラン - ヘミはDJの時ドラァグクイーンの格好してる。

あれは6月くらいの時でしょ。夏前くらい?暑くなかった?

イ・ラン - めっちゃ辛かった。ヒールも高かったし。普通に高いヒールじゃなくて、20センチくらいあるヒールで。ドラァグクイーンやってるのは私たちしかいなかった。

そういうところに行ったらキリスト教右翼の人に「地獄に落ちろ」って言われたりするんじゃないの?

イ・ラン - 「Fuck You〜〜」だよ。笑

ゲイとかバイセクシュアルとかレズビアンって自分で決めることもあるけど、自分で決めることじゃないと思ってて。自分がどうなるか分かんなくて。だけどみんな「わたしはヘテロセクシュアルです」って強く思うことがおかしい。もしかしたらどうなるかわかんない。次に誰を好きになるかなんて。私が男になりたいって思うかもしれないし。それもわかんないから。いろいろ勉強することが大事。

可能性はいろいろあるもんね。

イ・ラン - 前フェミニストクラブっていう会に参加したんだけど、そこはみんなレズビアンばっかりで。その子達もきびしく「わたしはレズビアン」って守るから。それはおかしいなって思って。

イザベルはめっちゃ楽しい。イザベルは笑ったらだめで、笑っちゃダメ。黒いリップをしてて、笑ったら馬鹿みたいな顔になるから。全然笑えなくて超クールに。周りに「超クール!かっこいい」って言われて超気持ちいい。けどそれがなんだかおかしくて、笑えないから鼻だけで「ふーん」って笑ってた。笑

その後ある出版社から連絡があって、私にショートフィルムを作ってくださいって言ってくれた。私は「テーマが自由だったらやります」って言って。ドラァグクイーンの4人が教会に行くっていうテーマで準備もしたんだけど、カットになっちゃった。

理由を聞いたら「編集長がドラァグクイーンはちょっと…」って。めちゃくちゃ怒って別のニュースサイトの編集長に電話したんだよ。「アンチゲイです〜〜〜!!!!怒」って。笑

その後、他の雑誌でもドラァグクイーンの写真のリクエストもあったけど、本当に興味があって連絡してるんじゃなくて、ただ見せるためにやってるから、それがおかしいから断った。

メッセージがあったらダメで、ファッションだったらOK。メッセージが強すぎるとダメ。私は前に自分でウェブシットコム(シチュエーション・コメディ)を作ったのね。「主イエスと共に」っていうのを作ったんだけど、キリスト教はダメ。もっとやわらかくて面白いことを作って言われちゃった。笑

音楽の時はそういうメッセージは入れるの?

先週、地方のインディーの高校?オルタナティブな高校があって、そこでライブしたのね。MCの時にコンドームちゃんと付けてね〜っていうメッセージは入れて。みんな笑ってたけどね。笑

日本のリスナーの人はイ・ランとイ・ランの音楽のことをどう思ってるんだろうね。政治的な感じのこともInstagramとかTwitterを通じて知ってるだろうし。もしかしたら普通のインディー、シンガーソングライターと思ってるのかもしれないし。

イ・ラン - それはそうかもしれないなぁ。けど私は「ヘル朝鮮人」だから。そんな自分が作る曲だから、どうしても、私は個人だけど社会性もあるから。昨日ドナルド・トランプが大統領に決まっちゃって、朝まで飲んじゃって歌詞覚えてないとか。

政治と音楽は一緒にしないってのが常識になってるからね。

イ・ラン - けど私たちは朝起きたらすぐに「あ〜ヘル朝鮮だ」って思うから。笑

leelang


批判するっていうか、そのおかしさをギャグしたり、あ〜あ〜っていうことを歌詞にしているのが、おもしろいよね。イ・ランもそうだし、韓国の友達はみんな面白い。ギャグがきついっていうか。だからみんな好きだな。

イ・ラン - Cong Vu知ってる?Cong Vuの彼女がこれのアクセサリーを作ってる。バンド404(サーコンサー)でみんな知ってるでしょ。私、Cong Vuと同じ大学の映画制作科にいたから。歳は離れてるけど。

じゃあそろそろZARAに行く時間だね。

イ・ラン - (香水を付けながら)あなたも香水つける?香水つけてデモに行く?

_DSC9705

『神様ごっこ』の購入はこちらから もしくは取扱店より。

related

【インタビュー】FNCY 『FNCY BY FNCY』| 今だからこそできたこと

ZEN-LA-ROCK、G.RINA、鎮座DOPENESSによるユニットFNCYの2ndアルバム『FNCY BY FNCY』。

【インタビュー】LIBRO『なおらい』|素直に会える日が来るまで

LIBROが約3年ぶりのアルバム『なおらい』をリリースした。一本のミックステープのように聴くことができる本作は、前作『SOUND SPIRIT』発表後、ほどなくして制作が始まった。だがコロナウイルスの感染拡大から露わになった世界的な分断と断絶を目の当たりにして、制作と並行してその様子をゆっくり観察することにしたという。その上で自分が言えることは何か。本作にはそんな思いが散りばめられている。

折坂悠太の新作『心理』のオンライン先行試聴会のトークゲストでbutajiとイ・ランが登場

折坂悠太が10/6(水)にリリースする新作『心理』をいち早く聴くことができるオンライン先行試聴会が、9/19(日)、9/20(祝・月)に開催される。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。