クロージングレーベルCNLZが17SS COLLECTION LOOKを公開

Web上のコンセプトストアCANALIZEのクロージングレーベルとして誕生した『CNLZ』が、17SS COLLECTION LOOKを公開した。

「For Your New lifestyle」をテーマに、希少性の高い生産背景や生産プロセスにこだわりながら、「自分」というキーワードを軸として多様性を持つ現代のくらしに適応する衣づくりを行っている『CNLZ』。シーズンテーマを設けることなく、高い品質とスタイリングの拡張性を持たせたデザイン、あるいは新旧の技術・デザインのアップデートや再構築を行う手法によって、プロダクトライフサイクルの長いコレクョン制作を展開するブランドだ。

日々のくらしの中で流行に振り回されることなく、自身のスタイルを磨くための知性と遊び心を持つ男女へ向けたネクストステップブランドとして、オーガニック素材の取り入れや職人との協業を通して社会と共生するモード、ハイストリートウェアを提案している。

このたび公開されたコレクションは、手作業で作られる泥染めの素材を使ったジレやスカート、オーガニック素材のカットソー、インドの手織りKHADIでつくったワンピースなど、素材や背景にこだわりつつモード感を意識したボリュームシルエットや、メッセージ性のあるグラフィックプリントなど、日常から社交場までをカバーする存在感あるラインナップに。

デザイン/ダィレクションには、セレクト業態のアドバイザーや海外ブランドのコンサルタントなどを務めるクリエイティブプランナーの高橋れいみ、『エフィレボル』のデザイナーを退任したばかりの阿久津誠治、海外ブランドでデザイン経験を積んだ吉橋亮らが参加し、デザインチームとしてコレクションを制作。今年の秋冬にUNDER COVERなどを扱う富山の路面店『IVORY』で地方からブランドデビューし、17SSからは都内・全国での本格展開がスタート。バーニーズニューヨークなどスペシャリティストアでの販売がスタートする。

なお、今シーズンの展示会に合わせて渋谷の古民家を貸し切り開催された、シークレットイベント『INVISIBLE PARTY』の動画も公開されている。そちらも併せてチェックしよう。(Yuuki Yamane)

related

70年代のシルエットや色使いを生かしたadidas Highlightsの2017SS LOOK

シーズンごとにadidasの幅広い製品からカテゴリーを越えて選び抜かれたアイテムが揃うadidas Highlightsの2017SSのLOOKBOOKが公開された。

BALの2017SS COLLECTION、テーマは「forever nevermore」

東京を拠点にするブランドBALの2017SS COLLECTIONのLOOKが公開された。テーマは「forever nevermore」だ。

LOOPY HOTEL 2017 SPRING LOOKBOOK | 映画や音楽にオマージュを捧げたポップでツヤのあるコレクション

2016SPRINGコレクションからスタートしたインディペンデントブランドLOOPY HOTELの2017SPRINGコレクションがスタートした。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。