Aphex Twinがアメリカツアーのティーザー動画を公開。アメリカ大統領選挙のハイライトになっているが、やっぱりおかしい

今年の初めにメロディアスなEP『Cheetah』をリリースし、12歳のファンの男の子をMVのディレクターに起用するなど、奇っ怪な動きを見せているAphex Twinが8年ぶりのアメリカツアーを行う。Aphex Twinは大統領選一般投票日の前日に、そのティーザー動画を公開。アメリカ大統領選挙直前ということもあり、選挙の総まとめ的な感じになっているのだが、その様子はもちろん、おかしい。

 

ビデオは大統領候補者たちによるディベートから始まり、ドナルド・トランプのサポーター、映画、コンピューターのモニターらしきグラフィックが用いられている。ドナルド・トランプやヒラリー・クリントンたち、登場人物たちは顔がAphex Twinの『Syro』のプロモイメージの「間が抜けたような顔」になってしまっている。

動画では、アメリカの人気政治風刺番組の『ザ・デイリー・ショー』がドナルド・トランプのサポーターにインタビューした時の様子がサンプリングされている。トランプ・サポーターの女性が「大統領っていうのは男の仕事。女性はよりホルモンを持ってるから、10秒で戦争を始めちゃうだろうね。Boom」と言っている、ちょっと笑ってしまうような一場面も。

動画はWeirdcoreによって製作された。この動画はAphex Twinが12月にテキサス州のヒューストンで開催されるDay For Night Festivalに出演することのティーザー動画になっている。Day For Night FestivalにはAphex Twinの他にBjorkのデジタル・インスタレーションとDJセット、Travis Scott、Run The Jewels、Blood Orangeらが出演する。

via i-D

related

Aphex TwinがPolygon Window名義で初めてWARPからリリースしたアルバム『Surfing On Sine Waves』が完全版としてリイシュー決定

Aphex TwinことRichard D. JamesがAlbumが別名義のPolygon Windowとして1993年にリリースしたアルバム『Surfing On Sine Waves』が、完全版としてリイシューされることになった。

Aphex Twinのプレミアライヴショーが緊急配信決定

Aphex Twinが元印刷工場をリノベーションした巨大クラブPrintworksで、9/15(土・日本時間では9/16)に披露するA/V(オーディオヴィジュアル)ライヴセットの模様が配信されることになった。

Warpの30周年を記念したPOP UPが開催 | 大竹伸朗デザインのTシャツやAphex Twin、Flying Lotusなどのアーティストグッズも販売

革新的なエレクトロニックミュージックをはじめとして、音楽史に多大な功績を刻み続けてきたUKのレーベルWarpが今年30周年を迎えた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。