ギャングの元メンバーのタトゥーをフォトショップで消すポートレートシリーズのもつ意味とは?

写真家のSteven Burtonは新シリーズ『Skin Deep』を発表した。このシリーズはLA在住の27人に及ぶ元ギャングのメンバーのポートレート撮影し、デジタル処理でタトゥーを除去するというものだ。

 

Tatoo

Tatoo

Tatoo

Burtonはこのシリーズをスタートしたきっかけとして、Homeboy Industriesという団体が行っている元ギャングへの職業訓練やタトゥー除去を推進する試みをあげている。ギャングにとってタトゥーを除去することは、ギャングカルチャーから足を洗う重要なポイントなのだ。Burtonはギャングから再生するプロセスを描いたドキュメンタリー映画『G-Dog』を観て、「自分でもこの問題意識を広めるために、なにかしなければいけないと気づいたんだ。タトゥーを除去することが重要な要素だとパートなんだと知ったときに、このコンセプトが降りてきたよ」と語っている。

BurtonはPhotoshopでタトゥーを消去する処理に400時間はかけたという。このBurtonの労作は現在Kickstarterで写真集化のためのクラウドファンディングがスタートしている。

Via Highsnobiety

RELATED

ホンマタカシの作品集『TRAILS』の刊行を記念したイベントが今週VACANTで開催

写真家のホンマタカシによる作品集『TRAILS』(MACK)の刊行を記念したイベント、『Trails – Deer Revenge』が6/23(日)に原宿・VACANTで開催される。

テンテンコ初の写真集『HER』が刊行 | ANAGRAで記念写真展も開催

元アイドルで現在はノイズ・インダストリアル・テクノ音楽家として活動するテンテンコの初の写真集『HER』が、6月に刊行されることになった。

DESCENDANTがプロデュースする出版レーベル「sign」の第1弾として平野太呂の最新刊『I HAVEN'T SEEN HIM』を刊行

FPARやWTAPSのディレクターを務める西山徹と妻の西山美希子によって2015年にスタートしたDESCENDANTが、新たに出版レーベル「sign」をスタートさせ、第1弾として写真家・平野太呂の最新刊『I HAVEN'T SEEN HIM』を刊行する。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。