TOYOMUが宇多田ヒカル『Fantôme』を全曲リミックス

Kanye Westのアルバム『The Life Of Pablo』を聞かずにリミックスを行った『印象III : なんとなく、パブロ』が話題になった、京都のトラックメーカーTOYOMUが今度は宇多田ヒカルの新作『Fantôme』の全曲リミックスをおこなった。

 

『印象VII : 幻の気配』と題されたリミックスアルバムは、『Fantôme』リリースのちょうど1ヶ月後の10/28にTOYOMUのBandcampにアップされた。1週間で制作されたという『印象VII : 幻の気配』は、TOYOMUらしいサンプルのカットアップが印象的な"私は太陽"やチルなミニマルビートが心地いい"ぼ う きゃ く"などを収録しており、ストリーム再生が可能だ。

related

宇多田ヒカルのニューアルバムからFloating Pointsも参加したタイトル曲"BADモード"のミュージックビデオが公開 | ライブ配信から"Face My Fears"と"Find Love"のアーカイブも

宇多田ヒカルが昨日リリースしたニューアルバム『BADモード』から、Flaoting Pointsも参加していることで話題のタイトル曲のミュージックビデオが公開となった。

宇多田ヒカルの8枚目のアルバム『BADモード』がリリース | 発売を記念して『HIKARU UTADA EXHIBITION』も開催

宇多田ヒカルの誕生日である本日1/19(水)に8枚目のアルバム『BADモード』が先行で配信リリースとなった。

スペースシャワーTVにて「宇多田ヒカルDAY」が2月27日に実施|MV特集やファンが選んだライブ映像集がオンエア

宇多田ヒカルが8枚目のオリジナルアルバム『BADモード』を1/19にデジタル先行配信、2/23にCDリリース。さらに宇多田ヒカルの誕生日でもある1/19には、自身初の有料配信スタジオライブ『Hikaru Utada Live Sessions from Air Studios』の公開も決定。これらを記念して、スペースシャワーTVにて2/27(日)に「宇多田ヒカルDAY」と銘打たれた大特集が放送される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。