米黒人射殺事件をもとに作られたダンスムービー『Color of Reality』が40 NORTH Dance Festival で観客賞を受賞

アメリカで警察官による黒人射殺事件が後を絶たない。その悲惨な事実を元に制作された、ダンサー兼ディレクターのJon Boogzによるダンスムービー『Color of Reality』が、10/15〜10/22にサンディエゴで行われた 40NORTH Dance Film FestivalでAudience choice award(観客賞)を受賞した。

 

このムービーはダンサーのJoon boogzとLil buckがパフォーマンスをし、脚本・演出・振付ともどもJoon boogzが行った。

そして絵画のような2Dアートワークを施したのはアーティストのAlexa Meadeだ。

本作『Color of Reality』はアメリカ・オーランドで起きた黒人男性が警察官によって射殺されるという事件にインスパイアされて作られた。ディレクターのJon Boogzはテレビで実際にこのニュースを観て、同じ世界に生きる者同士がこのような愚かな暴力を振るうことにショックを受けたという。

昨今このような黒人への暴力事件は後を絶たず、社会全体が「肌の色」にたいしてネガティブな感情になっている。Jon Boogzはダンスを通してそのようなムーブメントにポジティブな影響力を与えたいと述べた。

そしてその影響力は今回の受賞で証明された。Jon Boogzは自身のインスタグラムで受賞の喜びをこう綴った。

「ワオ、40NORTH Dance Festivalで『Color of Reality』が観客賞を勝ち取った。Lil Buckと俺は社会の中における貢献と人道活動のためのこのグローバルなダンスイニシアチブによって、ヒーローとして栄誉を受けたんだ。俺たちのチームを誇りに思うし、俺たちだからこそ成し遂げられたことだ。確実にアーティストとして、ディレクターとして最も誇りに思う瞬間のひとつになった。この喜びは俺が感じていること全てが物語っているよ」

この作品はYoutube上で既に13万回以上再生されている。(KANA)

related

21 Savageがサントラのプロデュースを手がけた『スパイラル:ソウ オールリセット』| 「子供の頃から『ソウ』シリーズを見て育ってきた」と明かす

スリラー映画『ソウ』シリーズの最新作『スパイラル:ソウ オールリセット』が、9/10(金)に全国公開される。今作は過去8作をアップデート&リセットした作品となっていて、「ソウフリーク」として知られるクリス・ロック、さらにはサミュエル・L・ジャクソンも出演している。

富田克也監督の『サウダーヂ』が公開10周年を記念してデジタルリマスター版が劇場公開決定 | 田我流も出演

富田克也が監督、制作を富田や相澤虎之助など映像制作集団「空族」が行なった映画『サウダーヂ』の公開10周年を記念して、10/23(土)からデジタルリマスター版を新宿・K’s cinemaで劇場公開する。

ハーモニー・コリンの衝撃作『トラッシュ・ハンパーズ』が京都みなみ会館にて特別上映

ハーモニー・コリンのキャリア史上最大問題作と言われる『トラッ シュ・ハンパーズ』(2009)の特別上映が、京都みなみ会館にて7月17日(土)に行われる。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。