日本のゲーム音楽を紹介したカルト的人気番組『Diggin' in the Carts』がラジオ番組になって再び登場!

ニュージーランド生まれ、日本在住のNick Dwyerは、2014年にRed Bull Music Academyと共に、ゲームミュージックが世界の音楽シーンにどれだけの影響を与えてきたかを明らかにするため、日本のゲームミュージックコンポーザー、世界中の音楽プロデューサーやアーティストたちにインタビューしたドキュメンタリー『Diggin' In The Carts』を公開した。今年、NickはRBMA Radioでラジオ番組『Diggin' In The Carts』に挑戦する。

 

Nickは日本のゲームミュージックコンポーザー、世界中の音楽プロデューサーやアーティストたちをゲストに迎えて、ラジオ番組シリーズ『Diggin’ In The Carts』を放送する。ファースト・シーズンでは、日本のゲーム音楽とコンポーザーに焦点を当てる。Capcomのコンポーザー下村陽子、民谷淳子、Final Fantasyシリーズの植松伸夫たちや、MumdanceやRyan Hemsworth、Thundercatが登場。

初回放送の「並木学、カプコン、Mumdance、Hip Tanaka」の回はこちらから聴くことができる。

RBMA - Diggin' In The Carts

via Fact

related

Def Jamが格闘ゲームシリーズの新作のリリースをほのめかす | ラッパーがキャラクターとして登場か?

ヒップホップを代表するレーベルの一つであるDef Jam。説明不要なアイコンを多数輩出する一方、これまでにラッパーたちをフィーチャーしたゲームを発売し、ゲームの分野でも一部で熱い支持を集めてきた。そんなDef Jamが10年ぶりにゲームをリリースすることをほのめかし話題となっている。

【インタビュー】Kode9 & Nick Dwyer 『DIGGIN IN THE CARTS』| ゲーム音楽を電子音楽として捉える

2014年にRed Bull Music Academy が公開した、日本のゲーム音楽の歴史と魅力に迫ったドキュメンタリー動画『DIGGIN' IN THE CARTS』。その中では、海外のクラブミュージックのアーティストがゲーム音楽から影響を受けた逸話が映像化され、ジャンルを超えた文化的な交流が記録に残った。

DJ Khaledをフィーチャーしたレトロ風ゲームが登場

Champs SportsがDJ Khaledをフィーチャリングしたレトロ風のビデオ・ゲームを公開。Timberlandとのコラボレーションで最新ブーツが発売される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。