ベルリンの名門クラブBerghainがテーマのカードゲームが誕生!

ベルリンのクラブといえばドイツ政府に文化施設として認定されたことも記憶に新しいBerghainだ。Berghainはご存じの通り、世界で一番入場の難しいクラブとしても知られている。

 

今回、このBerghainへの入場をテーマにしたカードゲームができるようだ『Berghain Ze Game』という名前のこのゲーム、スウェーデン出身のデザイナーである、Alexander Kandiloros とJoakim Bergkvistが制作した。

「僕らはボードゲームとテクノとゲイカルチャーが好きなんだ。その3つのアイディアを合わせたのがこれ」「これはBerghainに入れるか!?ゲームだよ」と2人は説明する。

カードの種類は「ヒップスター」「ケタミンの鬼」「ブロガー」「麻薬捜査官」

「クラブキッズ」 「ヒッピー」「ツーリスト」などなど…

Berghainの入り口に並んでいそう!?な面々なのだが、いちばん使えるカードは 「ゲイ」なのだそう。

Blogger

Hippie

Hippie

1192322

1192319

このゲームはKickstarter donationsで年内にもローンチされる予定だ。

オフィシャルのHPはこちら。

http://www.berghainzegame.com/ (Tomomi Sonoo)

RELATED

ポケモンシャツが長場雄やウィスット・ポンニミットなど4アーティストとコラボしPOP UPを開催

ポケモンとオンラインカスタムシャツブランドOriginal Stitchによるプロジェクト、ポケモンシャツ。これはポケモンのキャラクターたちが描かれたオリジナルプリント生地を使用したシャツをカスタムオーダーできるという、ファンにはたまらないプロジェクト。

長場雄がイラストを描いたスケートゲームアプリ『SKATE GIRL』

無駄のないシンプルな線画イラストで高い人気をほこるイラストレーターの長場雄。Instagramに毎日描いたイラストを投稿する習慣をこなしつつ、アパレルブランドとのコラボレーションや、個展の開催など注目を集めている。

『パックマン』や『スペースインベーダー』とコラボしたTシャツがUTから登場

ユニクロのグラフィック T シャツブランドUTから、ゲームをテーマにゲームメーカーのバンダイナムコとタイトーとコラボしたTシャツが登場する。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。